ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

66歳になりました−1

 4月30日、今日で66歳になりました。ずいぶん年をとったものだと思います。定年後はのんびりした生活をするものだと思っていましたが、「ぷかぷか」をはじめたばっかりに、のんびりどころか、日々やることが山ほどあって、超寝不足の日々。いつになったらのんびりした生活が始まるのかと思いつつ、今の生活も結構楽しんでいたり…。

 

 いや、正直なところ、60過ぎてこんなに大変で、こんなに楽しい日々が来るとは思ってもみませんでした。障がいのある人たちといっしょに生きていきたいと思ってはじめた「ぷかぷか」でしたが、彼らといっしょに生きていくことが、新しい物語を次々に生み出し、こんなにおもしろいことは、そう簡単にはやめられない感じ。

様々な物語 - ぷかぷかパンの店『カフェベーカリーぷかぷか』

 

 ぷかぷかが生み出した物語は本にまとめたいと思っています。昔、映画監督の土本典昭さんが水俣病の患者さんにカメラを向け、水俣病の記録映画を作ることについて、「記録がなければ事実がなかったことと同じになる」と何かに書いていたことがあって、土本さんのやっている仕事の意味が、その時はじめてわかった気がしました。起こった事実は、そのままほうっておけば、時間の経過とともに人々の記憶の中から忘れ去られ、やがて事実がなかったことになってしまうということです。

 そのことがずっと頭にあったので、ぷかぷかについても、構想が始まった頃からずっと記録を書き続けていました。5年目の今、そろそろぷかぷかの記録をまとめておこうと思っています。もちろんぷかぷかはこれからも新しい物語を創り続けると思います。それはそれで「ぷかぷかの記録ーその2」でまとめる予定です。

 

 そういったこともあって、今まで書いてきたブログをまとめるために「イシス編集学校」に入学し、ネット上で勉強中。正解のない「お題」に答えながら編集の世界の奥深さに、わくわくしています。三日おきくらいに「お題」が飛んでくる上に、同じクラス10人の「回答」「指南」が次々に飛んできて、それを読みこなすだけでも大変。それでも目から鱗の発見があったりして、日々、これ勉強です。

 

 半年ほど前にはじめたFacebookページにはまり、日々ぷかぷかの小さな物語を発信しています。毎朝カメラ片手にぷかぷかを一周。目にとまったものをとにかくカメラに記録。100枚から多い時は400枚くらいの写真を眺めながら小さな物語を見つける作業は、ものすごく大変で、ものすごく楽しいです。日々ぷかぷかの新しい発見があります。

 Facebookページがおもしろくなったのは、リアルタイムで読んでくれている人たちの反応があることです。丁寧に書けばそれなりの反応があり、手を抜けば一気にアクセス数は減ります。毎日毎日平凡な日々の中で人の心に届く小さな物語をどれくらい見つけることができるか、結構大変な作業ですが、楽しみながらやっています。日々自分が磨かれる感じがします。

  

 まだいろいろ書きたいのですが、寝不足で頭が痛いので、今日はもう寝ます。おやすみなさい。

 明日はまた6時40分に起きて新しい一日が始まります。あ、今夜中の1時半なので、もう始まっていましたね。66歳と1日目の新しい物語がまた始まります。どんな物語が始まるのか、楽しみです。では、また明日。いや、今日、ですね。

 

                                  つづく

 

f:id:pukapuka-pan:20150430011141j:plain