ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ヨイトマケの唄

 26日の4周年記念イベントでtujiさんは美輪明宏の「ヨイトマケの唄」を一人で全部うたいました。この長い歌詞を全部記憶して歌ったので、本当にびっくりしました。

 tujiさんは記憶力のすばらしい方で、紅白歌合戦に出場した歌手の名前を年代別にすべて記憶しているような方です。ですから「ヨイトマケの唄」を覚えるくらいはたいしたことないと思うのですが、それでもAKB48やSMAPではなく、あえて「ヨイトマケの唄」を選んだ理由を知りたいと思いました。ところがtujiさんは典型的な自閉症の方で、突っ込んだ会話が全くできません。会話が成り立たないから、こういう重い歌の世界には「興味がない」、あるいは「理解できない」、というふうに私たちは思ってしまいます。それが大変な間違いであることをtujiさんの歌は教えてくれました。

 昨年の紅白歌合戦で私も聞いて、すごい歌だなと思いましたが、それを覚え、人の前で歌おう、なんてことは考えませんでした。それを思うと、tujiさんがこの歌を覚え、人の前で歌おうと思ったことは、ほんとうにすごいことだと思うのです。どうしてその歌を歌うのか、なんて野暮な説明は一切しません。でも、この長い歌を一生懸命歌うtujiさんを見ながら、tujiさんの世界の深さを垣間見たような気がしたのです。歌を聴きながら涙を流したお客さんもいました。

 

父ちゃんのためなら エンヤコラ

母ちゃんのためなら エンヤコラ

もひとつおまけに  エンヤコラ

 

1.今も聞こえる ヨイトマケの唄

  今も聞こえる あの子守唄 

  工事現場の昼休み

  たばこふかして 目を閉じりゃ

  聞こえてくるよ あの唄が

  働く土方の あの唄が

  貧しい土方の あの唄が 

 

2.子供の頃に小学校で

  ヨイトマケの子供 きたない子供と

  いじめぬかれて はやされて

  くやし涙に暮れながら

  泣いて帰った道すがら

  母ちゃんの働くとこを見た

  母ちゃんの働くとこを見た 

 

3.姉さんかぶりで 泥にまみれて

  日にやけながら 汗を流して

  男に混じって ツナを引き

  天に向かって 声をあげて

  力の限り 唄ってた

  母ちゃんの働くとこを見た

  母ちゃんの働くとこを見た 

 

4.なぐさめてもらおう 抱いてもらおうと

  息をはずませ 帰ってはきたが

  母ちゃんの姿 見たときに

  泣いた涙も忘れ果て

  帰って行ったよ 学校へ

  勉強するよと言いながら

  勉強するよと言いながら 

 

5.あれから何年経ったことだろう

  高校も出たし大学も出た

  今じゃ機械の世の中で

  おまけに僕はエンジニア

  苦労苦労で死んでった

  母ちゃん見てくれ この姿

  母ちゃん見てくれ この姿 

 

6.何度か僕もぐれかけたけど

  やくざな道は踏まずに済んだ

  どんなきれいな唄よりも

  どんなきれいな声よりも

  僕を励ましなぐさめた

  母ちゃんの唄こそ 世界一

  母ちゃんの唄こそ 世界一 

 

 今も聞こえる ヨイトマケの唄

 今も聞こえる あの子守唄 

 父ちゃんのためなら エンヤコラ

 子どものためなら エンヤコラ

                        f:id:pukapuka-pan:20140428200544p:plain