ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

世の中のぷかぷかさん達がみんな あんな風に安心していきいきと過ごせたらいいなぁ

 先日たまプラーザで上映した映画『ぷかぷか』の感想が送られてきましたので紹介します。

 

主役はもちろんぷかぷかの皆さんですが、彼らを取り巻くミュージカルを指導する
方々が、スタッフたちが、生き生きと楽しんでいる姿。私もいま、養護学校にて給食
介助の非常勤をしており、身近に子供らと接していて私が彼らから影響をうけて変
わっていくことを体感しています。この障がいの人らといることに慣れたときの、
いっしょにいることの安心感やら、発見やら。私も、社会に伝えていくお手伝いをし
なくてはいけない、と思いました。

死にたい口癖のお兄さん、すぐに答えられない女の子、気になるぷかぷかさんたち
の、時間をかけたからのうれしい成長の記録、高崎先生の暖かい見守りを貫く姿。
上映会を主催された方が、もっといろいろな人にみてほしい、とここまで企画を立ち上げた気持ちがわかります。

今回、チケット販売にはたまプラーザ近隣の特別支援級や、子育て支援関連、社会福
祉関連の知人らにお声かけし、見に来て頂きました。障がい児のお母さんらも結構来
ていただいたのですが、皆さんそれぞれに、子供の進路先への情報収集に必死な日々
です。この映画を見ていたそのお母さんたち、ミュージカルの練習風景や、パン屋販
売のシーンやあらゆる映像をみていて、みんな自分の子供たちにも、明るい明日があ
るという安心感やら、希望を感じたのではないかな、と思います。帰り際、皆さんの
一言一言と、その笑顔に、そう感じた。
…一方で、先日お亡くなりになったメンバーの方が映像に写ったとき、少し寂しい気
持ちにもなりました。それぞれの、寿命もあるんだな…、と。


○ ぷかぷかさんたちの持つある種のスピードのゆるやかさが心地よかったんだろう
と、解釈しています。高崎先生のお人柄というか、パーソナリティーに支えられてい
る部分が大きいのでしょうが
みなさんのひとりひとりの個性もやっぱり素晴らしく、自分って何ができているんだ
ろうと、(子ども達の)幼稚園時代からの疑問にまたぶつかってしまったデス。

○ どうしたらあの作品をお金をかけずにキャラバン上映できるか、全く興味も理解
も接点もない人たちにどうしたら見てもらえるか、を考えています。2部目のメイキ
ング(ワークショップ)を追った作品の方が、知らない人に伝える力があるように思
いました。本番の舞台映像も出てくるしね。私の職場もケアプラザですし、学校やP
TAの講座に食い込む方法はないものかな?とも思いました。
単純に役者さんに会いに行きたいな!パン食べたいなぁ〜〓とも思ったし、デフパ
ペットは私のあこがれでもあるので、ぷかぷかとパペットの化学反応起こしてるワー
クショップに私も身を浸してほぐしてもらいたいぃ〜〓とも切実に感じた。

そのままでいいんだよ、というメッセージは、北海道浦河のべてるの家(精神障がい
の方が地域に溶け込んだコミュニティーを作っている)につながるものがあります
ね。すごく豊かでおもしろいので、機会があったら本など見てみてください。という
わけでこちらこそ、映画お声かけいただいて感謝です。 

○ 一日お疲れ様でした。かなりの長時間。見応えありましたね。辻くんは、我が家
の坊主にも通じるところがあり、なんだか他人事でない懐かしさを感じたよ。

○ 娘は、感想について。心に伝わって、感じることでことばにできない。辻くん良
かった。ミュージカルのワークショップでやったことをたくさんやっていた。表現
ワークがなつかしい。それぞれの人の個性が光っていた。とか話していました。

○ 映画は感動したし、色々考えさせられました。世の中のぷかぷかさん達がみんな
あんな風に安心していきいきと過ごせたらいいなぁと思います。

○ こちらこそ、楽しかったです。 ありがとうございました。障害者と関わりを持っ
たことのない人が、あのような映像で障害者に少しでも親近感をもってもらえるとい
いな、と思います。関係者の方々の熱意もかんじられ、障害者のかたたちの生き生き
とした表情にも感動しました。ありがとうございました!・


映画をみた皆さん、さっそく郵便局前の「ぷかぷか」に、パンを買いに、お昼を食べに、あのキャストたちに、会いに行きたい!と思っているようです。
また、売り上げに貢献できますかね(^^♪ 
これからの時代は、ソーシャルビジネス 少子化、高齢化を鑑みて、イケイケどんど
ん勝ち組の時代は終わり、ぷかぷかコンセプトの街づくりのようなことが、意味をな
す社会にならないと、日本は自滅しますよ。なにが、地方創生でしょうか? 願わく
ば、これをきっかけに我が青葉区でも、ぷかぷか2号店のような仕事場が開設される
ことを! 今後もお付き合いのほどをよろしくお願いします。

 

●●● 

 映画『ぷかぷか』の自主上映をぜひやって下さい。2時間11分のちょっと長い映画ですが、障がいのある人たちと一緒に何ができるか、彼らと一緒に生きていくってどういうことか、ということについて具体的な提案をしています。何よりも未来に希望が持てるような映画です。

 映画監督の宮沢あけみさんと、ぷかぷか代表の高崎のトークショー込みで上映料は6万円になっていますが、価格は相談に乗ります。映画を見たあと、ちょっと元気をもらったり、ホッと気持ちが楽になったり、みんなの気持ちが前向きになって何か新しいことが始まったり、障がいのある人たちの未来に希望が持てたりするなら、それは6万円が生み出す『新しい価値』といっていいと思います。6万円が高いか安いかは、それが生み出す『新しい価値』をどのように評価するか、ということで決まるのだと思います。

  上映についてのお問い合わせは045−453−8511 ぷかぷか事務所 高崎まで

 

 映画『ぷかぷか』は来年1月7日(木)みどりアートパークホールでアンコール上映されます。

f:id:pukapuka-pan:20150904115718j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150904115855j:plain