ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

玄米のご飲当弁

 朝、みっちゃんが一生懸命書いてくれたお弁当の値札がこれ。

f:id:pukapuka-pan:20180206115542j:plain

 

 なんてステキな値札だろうと思いました。みっちゃんは玄米弁当の値札を作ろうと一生懸命考えながら書いたんだろうと思います。なんてかわいい人なんだろうと思いました。かわいくてかわいくて抱きしめたいくらいです。

 笑いながら、キュンと心があたたかくなります。

 昨日のショーヘーさんの絵と同じで、この字は人の心をあたたかいもので満たし、平和を感じさせます。

 不安、不平、不満、危機感が充満する社会にあっては、とても大事なメッセージです。人であることを思い出させてくれます。今、何を大事にしなきゃいけないか、やわらかく教えてくれます。

 昨日はわんどのぷかぷかさんがおひな様を描いていました。

f:id:pukapuka-pan:20180206113749j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180206113828j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180206113855j:plain

 

 やさしいメッセージが伝わってきます。どうしてこの人たちはこんなやさしい絵を描くんだろうと思いました。

 彼らを大事にすることは、そのまま彼らが表現しているやさしい社会を実現していくことにつながります。彼らといっしょに、そんな社会を目指したいと、今朝、「玄米のご飲当弁」の字を見ながら思いました。