ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ぷかぷか日記は以下に移転しました。
ぷかぷか日記 – NPO法人ぷかぷか

「やまゆり園」指定管理者再公募

 神奈川県は「やまゆり園」の指定管理者を再公募するそうです。本来なら3年前の事件直後にやるべきことでした。そのことをあらためて神奈川県に質問しようと思っています。ご意見いただけるとうれしいです。

 

1,今日、「やまゆり園」の指定管理者を再公募する、という報道がありました。理由は「法人理事の愛名やまゆり園園長による女児への強制性交事件や、園入所者への身体拘束があった」ことだそうですが、どうして3年前の事件直後にかながわ共同会を指定管理者から外すことをしなかったのですか。理由を説明して下さい。

 

2,「過去に利用者を車いすに長時間拘束していたとの情報などが寄せられたということ」が再公募の理由の一つに挙げられていますが、そういう情報の前に、施設からの日々の報告で長時間拘束の実態は把握していたはずです。管理者としてそういう把握はしていなかった、ということですか?

 

www.kanaloco.jp

 

www3.nhk.or.jp


その感覚こそが、社会を持続させていく鍵になるように思う

 サステナブル・ブランド国際会議2020横浜のプロデューサーと企画推進室の方が取材にきました。

www.benesse.co.jp

 持続可能な社会は、やっぱりぷかぷかさん達といっしょに生きていくことで初めて本当に可能になるんじゃないんですか、といいました。二酸化炭素削減のテクノロジーの問題はとても大事です。でもそれ以上に、私たち自身が人として生きることが大事じゃないか、という提案です。ぷかぷかさん達といっしょに生きていくことを考えることは、私たちが人として生きることを問いかけることです。

 たくさんの人たちがぷかぷかに来るとホッとする、といいます。自分が人であることを思い出すからだと思います。息苦しい社会の中で忘れてしまっている人としての感覚を思い出すのだと思います。その感覚こそが、社会を持続させていく鍵になるように思うのです。

 窮屈に思う社会が、このまま持続するとは思えません。その窮屈さをどうやって解消すればいいのか。そのヒントをぷかぷかさんは教えてくれます。

 

 昔養護学校で働き始めて最初に受け持った重度障害の子どもたちは、おしゃべりすることも、一人で着替えすることも、トイレの後始末をすることもできませんでした。でも、そばにいるだけで心が安らぐような、そんな不思議なチカラを彼らは持っていました。

 それまで普通のサラリーマンをやっていた私は、誰かのそばにいて心が安らぐ、といった経験は皆無でした。そういうものをほとんど忘れていました。重度障害の子どもたちとおつきあいする中で、人としての大切な感覚を思い出したのです。

 心が安らぐこと。そのことが人が生きていく上でとても大事なこと。そのことを重度障害の子どもたちは思い出させてくれたのです。

 ぷかぷかさんとのおつきあいも、そのことを思い出させてくれます。それが心地よくて、みんなぷかぷかにやってくるのだと思います。

 

 2020年、横浜で開かれる国際会議でも、ぷかぷかさんが登場し、参加者と何らかの関わりが生まれる場面を作った方がいいと思います、と提案しました。彼らと短い時間でもいい、とにかくおつきあいすること。その経験は、大事なことに気づかせてくれるはずです。

 聞こえのいい言葉だけを並べても、持続可能な社会は実現できません。ぷかぷかさんと泥臭くおつきあいすること、そういったところにこそ、未来への可能性があるように思うのです。

f:id:pukapuka-pan:20191203001931j:plain


 

セノーさんとおつきあいして10年

 いつものようにセノーさんの目、のぞき込んでいたら、

「もう10年だね」

とセノーさん

f:id:pukapuka-pan:20191130180519j:plain

 

 10年前、といえば、セノーさん養護学校高等部の3年生。ちょうど私が担任していました。

 その頃毎日のように通学途中の駅前にあるマックに行っていました。すごく太っていたので、

「マックは行かない方がいいよ」

というのですが、そのくらいの注意でセノーさんが変わるわけありません。

 で、ある日、一緒に給食を食べているとき、思いついて、突然セノーさんの目をのぞき込み

「あ〜!、セノーさん、大変、目が真っ赤!これ、糖尿病だよ。」

「なに、それ」

「糖尿病はマックを食べ過ぎて、セノーさんみたいに太った人がかかる病気で、病気が進むと、足の先や手の先が腐ってぼろっと落ちてしまうんだよ。おしっこの出る大事なところも、朝、おしっこしたはずみにぼろっと落っこちでしまうかも」

 といったのがきっかけで、毎朝目の検査をするようになりました。

 

 卒業後、しばらくほかの事業所に行っていたのですが、そこで居場所を失い、ぷかぷかにやってきました。久しぶりに会ったのですが、目の検査のことはしっかり覚えていて、また再開しました。

 目をのぞき込み、朝、ぼろっと落ちなかった?と聞くのが毎日の日課になりました。

「ぼろっと落ちたら東洋英和(近くの女子大)行くの?」

「そう!、お母さんのスカートはいていくといいよ」

なんて話で盛り上がりました。

 

 そんなセノーさんのいちばんの貢献は、寝ながらでも街を耕し、売り上げを作り出すことができる、という前代未聞の事実を作ったことです。

 

f:id:pukapuka-pan:20191130195517j:plain

 

 こんな写真をFacebookにアップすると、びっくりするくらいたくさんの人たちがアクセスしてきます。

「また癒やされました」

って。こうやってファンが増え、売り上げが増えるのです。

 私がこんなふうに寝ても、絶対に売り上げが伸びないことを考えれば、セノーさんがいかにすごいことをやったかがわかります。

 

 セノーさんのおかげで「生産性のない人が社会に必要な理由」というブログを書かせてもらいました。ぷかぷかしんぶんにもその要約を書いたところ、障害者雇用に新しい発想を持ち込もうとしていた印刷屋の社長さんの目にとまり、印刷業界の全国紙に紹介してくれました。これがきっかけで、印刷屋の社長さん10数名が全国から集まって、ぷかぷかで研修会をやりました。

www.pukapuka.or.jp

 

 こんなふうにセノーさんは、今までにない新しい価値をいろいろ作ってくれたのです。

 こうやって寝ながら(これ、郵便局です)

f:id:pukapuka-pan:20191130202300j:plain


 

 

本物の人権研修会

 12月4日(水)の午後、青葉区役所で本物の人権研修会をやります。あえて「本物の」と書くのは、抽象的な話に終わることの多い人権研修会ばかりの現状にあって、現実に起こっている人権問題に関して、ぷかぷかさんとの出会いがどういう意味を持つのか、しっかり考えるからです。

 青葉区のすぐとなり、都筑区で障がいのある人たちのグループホーム建設に対し住民の反対運動が起こっています。グループホームはすでに建ち、中に人が住んでいるのに、まわりに反対ののぼりが立っているそうです。毎日そういうのぼりを見ながら生活するのは、とてもいやな気持ちだろうと思います。

 今回参加者にこの都筑区の問題を取り上げた新聞のコピーを事前に配り

「もし、あなたの家のすぐそばに、障がいのある人たちのグループホームが建つことになったらどう思いますか?」

という質問をします。その回答はメモして人権研修会の当日に持ってきてもらいます。

 

 さて当日は最初の30分、ぷかぷかさんと一緒に簡単な演劇ワークショップをやります。ゲームをやったり、体でいろんなものを一緒に表現したりします。

f:id:pukapuka-pan:20191030221536j:plain

 

 ぷかぷかさんといっしょにこういう表現活動をすることで、新しい出会いが生まれます。

 演劇ワークショップのあとは、ぷかぷかさん達の活動を紹介する5分程度のプロモーションビデオを見ます。

 

 ふだん障がいのある人たちとおつきあいをしていない人であれば、演劇ワークショップとプロモーションビデを見る体験は、自分の中にある障がいのある人たちへのイメージを大きく揺さぶります。

 

 参加者が50人くらいいるそうなので、10人ずつくらいのグループに分かれ、事前に質問したグループホームに関する質問の答えを振り返る話し合いをします。

 ぷかぷかさん達と出会った今、あらためて自分の家のすぐそばに障がいのある人たちのグループホームが建つことになったらどう思うのか。

 いろんな意見が出ます。それをみんなで共有します。

 30分程度の演劇ワークショップやプロモーションビデオ見たくらいで、人が急に変わったりはしません。それでもぷかぷかさんの柔らかい手を握ったとか、一緒に笑ったとか、いっしょに動物の形を作った、という体験は、その人の中でものすごく大きいと思います。

 そういう体験は自分の中でどういう意味を持つんだろう、ということをみんなで共有する人権研修会なのです。これが「本物の人権研修会」という意味です。

 時間があれば、相模原障害者殺傷事件の容疑者が言った

「障害者はいない方がいい」

という言葉も、今、どう思うか、聞いてみたいと思っています。

「今のお兄さん、カッコいいと思う人」

  近くの小学校から人権講演会を頼まれました。小学1年から6年まで600人くらいを相手にするそうです。

 大人なら、なんかテキトーにいろんな話ができるのですが、子ども相手にテキトーにしゃべるわけにも行かないし、おしゃべりだけしても子どもたちはすぐに飽きてしまいます。子どもたちがわくわくするようなことやってみたい、とぷかぷかさんを連れて行くことにしました。

 ダンスの得意なボルトさん、ポケモン博士のショーへーさん、計算マシーンのツジさん、太鼓の名人大ちゃん達を連れて行って、それぞれ得意芸を披露してもらいます。

 ダンスはもちろん最近有名になった忍者ダンス。忍者まつりの音楽をがんがんかけて踊ってもらいます。

 で、子どもたちに

「今のお兄さん、カッコいいと思う人」

「カッコわるいと思う人」

って聞きます。ボルトさんのダンスを見て、カッコわるいという人は多分いません。

 では、何がカッコいいのか、いろいろカッコいい理由を聞きます。子どもたちの見つけたカッコよさがたくさん出てきます。

 そんなカッコいいボルトさんも、街の中では一応「障害者」です。

 子どもたちが「障害者」という言葉にどういうイメージを持っているのかよくわかりません。あるいは身近な「支援級」の子どもたちにのこと、どう思っているのかよくわかりません。

 確かなのは、今目の前で踊ってくれたボルトさんは、みんな「カッコいい!」って思ったこと。

 

 大事にしてほしいのは、こんなふうに自分たちが実際に体験したことです。目の前の「障害者」とおつきあいして思ったこと。それこそが本物です。これを大事にしてほしいと思うのです。

 障害者のグループホーム建設反対運動があって、その説明会に参加したとき、強硬に反対している人は実際に障がいのある人たちとおつきあいしたわけではありません。テレビなんかを見て、障害者は犯罪を犯す、と思い込んでいるだけです。

 子どもたちにはそんな風になってほしくないと思っています。

 だからボルトさんのこと、「カッコいい!」って思ったら、その印象こそ大事にしてほしいと思うのです。そこからおつきあいをしてほしいと思うのです。

 

 ショーへーさんにはポケモンの話をしてもらいます。

 計算の得意な子ども、先生に前に出てきてもらって、ツジさんと一緒にみんなで計算競争をやってもらいます。

 大ちゃんには得意な太鼓をたたいてもらいます。

 

 子どもたちは彼らのこと、どう思うのか、とても楽しみにしています。

 

f:id:pukapuka-pan:20191107010244j:plain

 

 12月19日(木)10時半から十日市場小学校体育館でやります。興味のある方ぜひ見に来てください。その時は一応学校に電話して見に行っていいかどうか聞いてくださいね。

 あちこちの小学校で、こういう試みをやるといいなと思っています。ぷかぷかさんと一緒に出前します。  

 

 

お互い人としてつきあう、という、あたり前の関係がなかったのではないか

 先日津久井やまゆり園の事件で命を奪われた方のアルバムを見る機会がありました。どのページにもその方の楽しかった日々があふれていて、涙があふれそうになりました。

 別にその方とおつきあいがあったわけではありませんが、幸せだった日々は写真見ればわかります。その日々を

「障害者は不幸しか生まない」

等と勝手に決めつけ、この世から抹殺してしまったこと。そのことがどうしようもなく悲しかったのです。

 19名もの人が殺されたわけですから、その時の悲しみは、もう表現できないくらいだったと思います。

 

 ところが事件からちょうど1年目に津久井やまゆり園のホームページが再開され、事件に関するメッセージが載っていました。

 

《 昨年7月26日、津久井やまゆり園で起きました事件から一年になります。今まで多くの皆様にご迷惑やご心配をおかけしてきたところでございます。》

 

 たったこれだけです。

 19名もの利用者さんが殺されながら、たったこれだけです。しかもまるで他人事です。

 

 あらためて思ったのは、こういう感覚で利用者さんとおつきあいしていたのだと思います。

 お互い人としてつきあう、という、あたり前の関係がなかったのではないか、ということです。そのことに命を奪われた方のアルバム見ながら、あらためて気がつきました。

 もちろん、スタッフの中には悲しみに暮れた方もいたと思います。でも、法人として書いた文章からは、そういった利用者さんに対するあたたかな気持ちが全く感じられません。

 昨年7月のNHKスペシャルで13時間も拘束された女性の話が紹介されましたが、そういったことが行われても、何も感じない現場だったのではないかと思います。目の前の相手を人として見ていなかったのではないかと思います。

 それが事件の1年後に再開されたホームページのあいさつにははっきり出ているように思いました。ここにこそ事件の温床があるように思います。

 

 昨日「津久井やまゆり園の事件を考え続ける会」の集まりがあり、事件の裁判を前に、三人の新聞記者がそれぞれ事件の何を報道してきたのかを語る、というのがテーマでした。でも実際は容疑者と接見した印象、つまり容疑者の特異性の話ばかりでした。最後に質問の時間があったので、現場の問題に関する報道がほとんどないのだが、どうしてなのか聞きました。

 答えた記者の一人が、

 「津久井やまゆり園だけが、それほどひどい施設だとは思いません」

等と発言し、びっくりしました。新聞記者なのでやまゆり園のホームページもNHKスペシャルも見ていると思います。それでもこういうことを言うのかと頭がくらくらしました。

 来年1月8日から裁判が始まります。多分容疑者の特異性に注目が集まると思います。そこに注目が集まれば集まるほど、やまゆり園自体の問題はかすんでしまいます。しかも

 「津久井やまゆり園だけが、それほどひどい施設だと思いません」

等と思う記者が取材し、記事を書くのであれば、かすむどころか全くふれないのではないかと心配しています。

 

 怖いのは、事件の温床がそのままになる、ということです。そのことに記者たちはどこまで気がついているのでしょう。

頚のコリがとれた!

 教員をやっている方が『街角のパフォーマンス』を読んで、「頚のコリがとれた」と感想送ってくれました。

 

 

《 実は、、、ここのところずーっと体調が良くなくて、、、身体が年々固くなってきてて、腰やら背中やら痛かったのが、最近は頚から後頭部に来て、頭がズーーん、グワングワン、となり、自宅に戻って最小限の家事をしたらもう何の気力もなくなる、みたいな日々が続いてました💦

実は今日、ちょこちょこ拾い読みしかできてなかった『街角のパフォーマンス』を始めから初めて読み通しました❗

読み終わった今、朝から今日もずっと痛かった頚のコリが、すっかり柔らかくなっているではないですか‼️

薄々わかってはいたのですが、今、自分自身に不本意な事実が、どんどん身体を不自由にしていっているということを、確信するに至りました😓
この本を読んで、私の身体は嬉しかったんでしょう❤️

こんな素晴らしい実践を積み重ねてきている高崎さんと、その仲間の方々は凄いと思うし、そんな高崎さんは幸せだろうな、と思いました。
そしてこの凄い、が、あたりまえになっていけるように、今の自分に具体的に何ができるか、と、模索中ではあったのですが、とりあえず、毎日をもっとゆったり、目の前のことひとつひとつを大切にやっていく、そんなぷかぷかさんたちみたいな生きる姿勢が大事かな、と思いました🍀 》

 

どんなところがおもしろかったですか?

 

《 1つひとつのエピソード、登場する皆さんの奇想天外な、深くて温かい表現に、身体が弛んでいったのでしょうか⁉️
枠やら型やらを外した世界で生き生きとする皆さんの様子を思い描きながら、私自身が居心地のよさを感じたのでしょうか⁉️
読んでて、読み終わって、まず、私自身がもっと自由になりたい❗正直になりたい‼️もう一回、何をやっても多少無理しても毎日楽しくてたまらなかった、昔(ん~、30年近く前になるけど💧)の自分を取り戻したい❗と思いました😅 》

 

 

楽しくてたまらなかった30年前というのは?

 

《 自分で自宅を解放して子どもたちと、又その家族の方々とも一緒に、一切を子どもたちに任せて過ごして、ハチャメチャな日々を送っていた頃の事です。》

 

 すばらしい日々を作り出していた方なんですね。その後いろいろあって、今は教員をやっているのですが、いろいろ不自由なところがあって、体調がだんだん悪くなっていたようです。それが『街角のパフォーマンス』読んで、ずっと痛かった頚のコリがぽろっととれた、というところがおもしろいですね。

 学校の教員やっていて、あちこちコリがたまっている方、ぜひ『街角のパフォーマンス』読んでみてください。

 

 『街角のパフォーマンス』についてはこちら

www.pukapuka.or.jp