ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

そのとき、オウちゃんは何を思うのかな

3年前、こんな赤ちゃんだったオウちゃんが、

f:id:pukapuka-pan:20150425140551j:plain

 

こんなに大きくなって先日パン教室に参加しました。

f:id:pukapuka-pan:20170707113703j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170707113714j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170707113743j:plain

 

 お母さんと時々ぷかぷかに来ていて、すっかり顔なじみです。

 ぷかぷかさん達は当たり前のようにオウちゃんのまわりにいます。オウちゃんの中には「障害者」という言葉は、多分まだありません。小学生くらいになって、どこかでその言葉を耳にします。オウちゃんはどんな風にその言葉を受け止めるのかな、と思います。

 社会の中の「障害者」のイメージと、オウちゃんの中のイメージは多分ずいぶんちがいます。オウちゃんにとっては優しいお兄さんだったり、楽しいお姉さんだったり、パン作りを教えてくれたお兄さんだったりします。社会にある否定的なイメージはありません。否定的である理由が、オウちゃんは多分わかりません。

 善意ある先生が「障がいのある人たちとは仲良くしましょう」なんて言うかも知れません。でも「それって、なんかちがうよな」って、多分思います。気がついたら、まわりにぷかぷかさん達がいて、ふつうにつきあっていただけで、「仲良くしましょう」なんて気色悪いじゃん、なんて思うかも知れません。

 これから長い人生です。オウちゃんは何を思いながら生きていくのだろうと思います。

 

 20年後、結婚して奥さんがいたら、ぜひいっしょにパンを買いに来て欲しいな。そして子どもができたら、こんなふうにぷかぷかの前で抱っこして欲しいな。

f:id:pukapuka-pan:20150425140551j:plain

 

少し大きくなったらパン教室にも連れてきて欲しいな。こんな顔して食べてくれたらすごくうれしいよ。

f:id:pukapuka-pan:20170707113743j:plain

  

 いのちが、ぷかぷかのまわりを、ぐるぐるまわります。