ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

飯田でのあの熱い時間を思い出したのかも

 まーさん連れて「デフパペットシアターひとみ」まで行ってきました。

 (まーさんのこと知らない方はこちらをお読み下さい。

  まーさんの物語 - ぷかぷかパンの店『カフェベーカリーぷかぷか』 )

まーさんがデフパペに関心を持つきっかけを作ってくれた役者のマッキーが病気になって「表現の市場」の舞台に立てないかも知れないと聞き、なんとか元気になって欲しいと思いました。まーさんに事情を話し、マッキーといっしょに舞台に立ってみないか、と誘いました。

 「元気になって下さい」なんて月並みなメールをしても、元気になんかなれないので、「いっしょに舞台に立ちませんか?」という提案をマッキーにしてみたら、と話しました。役者なら絶対に元気になります。前はマッキーに支えてもらったので、今回はまーさんがマッキーを支えようというわけです。マッキーはかなり具合が悪そうで、舞台に立つにしてもほんの短い時間かも知れません。それでも、その短い時間でもいい、「いっしょに舞台に立ちませんか」というまーさんからの提案はマッキーを絶対に元気にすると思ったのです。

 まーさんは最近幻聴がひどく、いつも悪口を言われている、とぷかぷかには来なくなりました。ワークショップにも来てないので、舞台に立つ予定は全くありませんでした。「マッキーといっしょに舞台に立ってみないか」という提案にはちょっと驚いたようでした。「でもマッキーのおかげで飯田まででかけることができたのだし、表現の市場の舞台もマッキーのおかげでまーさんはあんなに活躍できたんだよ、そのマッキーが大変な病気なんだから、何とか元気になれるようにまーさんがんばってよ」と時間をかけて話しました。

f:id:pukapuka-pan:20140810125249j:plain

(飯田での熱い舞台のあとで)

 

まーさん、かなり悩んでいたようですが、一晩考えたあと、「いっしょに舞台に立ちます」と連絡をくれました。飯田でのあの熱い時間を思い出したのかも知れません。そのあとマッキーにその旨を知らせるメールを送ったようで、マッキーはすごく喜んでいましたよ、と関係者から聞きました。

 

 で、昨日、表現の市場に出す作品の稽古をしますから来て下さい、という連絡がデフパペから入り、稽古場まで出かけたというわけです。ちょい役かと思いきや、マッキーが抜けたあとをそのまま補うような大変な役です。

 「のはらうた」を手話と人形と面白いパフォーマンスで表現します。

f:id:pukapuka-pan:20160205180115p:plain

チョウチョを飛ばします。

f:id:pukapuka-pan:20160205181825p:plain

カマキリになります。やなせさんが演技指導。

f:id:pukapuka-pan:20160205182035p:plain

演技指導にも気合いが入ります。

f:id:pukapuka-pan:20160205182325p:plain

まーさん、だんだん集中してきました。 

f:id:pukapuka-pan:20160205182603p:plain

f:id:pukapuka-pan:20160205182725p:plain

f:id:pukapuka-pan:20160205182735p:plain

マッキーにカードの表示の仕方を教わります。

f:id:pukapuka-pan:20160205182918p:plain

ここでちょっと止める、と微妙な動きをマッキーは教えてくれます。

f:id:pukapuka-pan:20160205182932p:plain

 

 デフパペの人たちの熱心さに、なんだか感動してしまいました。マッキーはまーさんにいろいろ教えるとき、本当にうれしそうでした。まーさんも久しぶりに笑顔がこぼれました。二人が支え合って舞台に立てるといいなと思いました。

2月14日(日)「表現の市場」で発表します。ぜひ見に来て下さい。

f:id:pukapuka-pan:20160205183404j:plain

大きなチラシ

http://www.tokyuensen.com/resource/event/img/2016/1601_042.jpg