ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ぷかぷかさんたちが街を耕し続けた結果

  自閉症の4歳の弟に心ない言葉を投げつけた小学生に6歳の兄がすばらしい言葉を投げ返した話がFacebookで流れてきました。

 http://buzz-media.net/moving/5237/

 

 障がいのある人たちは、やはりまわりの世界を豊かにしているのだと思います。だからわずか6歳のお兄ちゃんがこんなすてきな言葉を口にできたのだと思います。大人以上にしっかりこの世界を見ているように思いました。 

 

 ぷかぷかは障がいのある人たちと一緒に生きていきたいと思って始めたお店です。ただただ彼らの人としての魅力に惚れ込んだ、という単純な理由が発端です。でも、ぷかぷかの運営母体となるNPO法人ぷかぷかの設立目的には、そんなことは書けませんから、「障がいのある人たちの社会的生きにくさを解消する」という言葉を持ってきました。街の中にお店を作ることで、街の人たちと彼らとの出会いの機会を作る、というわけです。

 5年たった今、ぷかぷかは「彼らの社会的生きにくさを解消する」といったことだけでなく、何よりも「街の人たちを豊かにしている」ということに気がつきました。一番はっきりそれを思ったのは映画『ぷかぷか』の上映会での感想でした。

 

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 ぷかぷかが街にあることで街が豊かになるって、こんなことは設立当初、全く予想していませんでした。これこそぷかぷかさんたちが毎日ぷかぷかで働くことで街を耕し続けた結果だろうと思います。彼らにあらためて拍手!です。

 

 6歳のお兄ちゃんが発したような言葉を私たちも持ちたいと思うのです。みんながそんな言葉を自分のものにすれば、社会はもっともっとすてきになると思います。