ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ほっこり食堂と壁画

 年末に自然食のスーパー「マザーズ」の社長、マネージャー、料理長が「おひさまの台所」にきて、ささやかな忘年会をしました。そのときに、おひさまの台所の作るおいしいお惣菜を、できたての状態でお客さんに提供できる食堂を作りたい、と社長が提案しました。ぷかぷかとしても東急デパ地下のマザーズに卸しているお惣菜が、手間暇のかかる割に売れ行きがいまいちで、もう撤退かな、と考えていたので、それに変わるものとして受け止めました。

 で、今日はその2回目の打ち合わせとささやかな新年会ということで藤が丘のマザーズまでおひさまの台所のスタッフと、大工の小林さんといっしょに行ってきました。双方が自慢のお惣菜を持ち寄ったので、かなり豪華な新年会でした。(料理の写真撮るのを忘れました。ごめんなさい) 

 食堂の名前は社長は「ぷかぷか食堂」がいい、といっていましたが、「ぷかぷか」というのは響きはいいのですが、言葉自体にメッセージ性がないので、おいしい食事を食べて心がほっこりする「ほっこり食堂」はどうかと提案しました。ひとこと聞いただけでお店がイメージできます。あっさり了承され、これで行くことに。

 場所は最初マザーズの店を入って右側の狭いスペースを提案されたのですが、なんとなく狭苦しい感じがして、ほっこりした気分にはとても慣れそうにない気がしました。次に提案されたのが、お店に一番奥にある倉庫になっているスペース。元々ここにはオーガニックのレストランがあったそうで、立派な出入り口もついています。大工の小林さんは一目でこっちがいいといい、社長もじゃあこっちにしよう、とえらく簡単に決まりました。

 藤が丘の駅からマザーズのお店に添った小さな商店街の一番奥にあたり、住宅地の人たちの通路にもなっているようです。

 駅から見える通路の入り口付近に、ぷかぷかのメンバーさんの制作する壁画を飾ってお客さんの目を引きつけ、そのままお店までたどるようなおもしろい仕掛けが作れたらいいなと思いました。壁画は月一回くらい描き変え、昼間お客さんの前で即興で楽しい絵で壁を埋めていけたら楽しいなと思っています。

f:id:pukapuka-pan:20141228165049j:plainf:id:pukapuka-pan:20150104215641j:plain

f:id:pukapuka-pan:20141107130301j:plain

 

f:id:pukapuka-pan:20150104222145j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150104222818j:plain

  こんな楽しい絵で壁面を埋めるのです。多分そばを通るのが楽しくなるような壁面になります。街の中にそんな楽しい一角があるって、すごくいいと思うのです。

 藤が丘の駅前で、月一回そんな楽しいパフォーマンスができたら、メンバーさんの活躍する場が増えることになり、お客さんたちも障がいのある人たちの持っている力を見直すいい機会になります。なによりも彼らとのすばらしい出会いになります。

 壁画は通路を歩きながらはたと思いついたのですが、これはなんだかおもしろくなりそうだ、とわくわくしてきました。このプランがどんなふうに立ち上がっていくのか、まだまだわかりませんが、ひょっとしたらすごくおもしろいことになりそうです。