ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

木のあいさつ

 ぷかぷかカフェの前にすばらしいケヤキの木があります。あまりにすばらしいので、目が合うたびに(?)、ちょっとあいさつします。

 

f:id:pukapuka-pan:20141127102153j:plain

 

 昔、石原吉郎という詩人が好きでした。「木のあいさつ」という詩があります。カフェの前のケヤキを見るたびにこの詩を思い出します。

 

 ある日 木があいさつした

 といっても

 おじぎしたのでは

 ありません

 ある日 木が立っていた

 というのが

 木のあいさつです

 そして 木がついに

 いっぽんの木であるとき

 木はあいさつ

 そのものです

 ですから 木が

 とっくに死んで

 枯れてしまっても

 木は

 あいさつしている

 ことになるのです