ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ちょっとした言葉から始まった「物語」

  飯田での「森と夜と世界の果てへの旅」の本番の舞台の映像がデフパペットシアターから送られてきました。椰子酒のみの飲んべえジュジュマンが、ラストシーンにいたって、なんとも悩み深い人間に変わっていました。悩みに悩んで踏み出すその第一歩は、まさに新しい人生の始まり。

 その一歩に誘われるようにまーさんたち11人のゲストが歩き始めます。まーさんにとっても新しい人生の始まりであってほしいと思いました。

 

 ぷかぷか4周年記念イベントでパフォーマンスをやった「マキノさんがかっこよかった」の言葉で始まった今回の「物語」は、まーさんにとっては今まで経験したことのない「物語」だったのではないかと思います。

 マキノさんに弟子入りしたいというので、マキノさんことマッキーが一部進行役をやる「みんなでワークショップ」に誘いました。

 ワークショップでは、あこがれのマッキーと一緒に人形を作り、それを持って小さな舞台に立ちました。内輪とはいえ、人が見てる前で表現することは、ふだんとは違う、一皮むけたような、いつもよりずっと自由になった自分がそこにはいるはずです。そこから世界をもういっぺん見直してほしいと思いました。人生、本当におもしろいことなんかないのかどうか。

 そのあとデフパペットシアターの稽古場に見学に行きました。夏の暑い日、汗びっしょりになりながら電車とバスを乗り継いで行ったのは、人生、おもしろいことなんかない、といつも言ってるまーさんにとっては画期的なことでした。とにかく汗だくになってでも行きたいところがその日はあったのです。

 稽古を見るだけでなく、「森と夜と世界の果てへの旅」で使う人形をさわらせてもらい、動かし方や、歩き方をマッキーに教えてもらいました。この体験が長野県の飯田であった「森と夜と世界の果てへの旅」のラストシーンに立つためのワークショップに参加するという、今までのまーさんならあり得ない行動を生みました。

 ワークショップと本番の2回の飯田行き。横浜から新幹線を乗り継いで4時間近くかかります。それを日帰りで往復したので結構しんどい旅でした。しかもまーさんが舞台に立ったのは正味1分20秒。その1分20秒のためにまーさんは往復8時間の旅をやってのけたのでした。

 本番の舞台は、ジュジュマンが世界の変わりように驚き、悩む時間もあって、映像を見るとまーさんが舞台に立ったのは3分30秒でした。半分くらいは人形の後ろで横たわっているのですが、それでも舞台には立っていたのです。ひりひりするような緊張感の中でまーさんはゆっくり歩き始めました。

 「物語」はまだまだ終わりません。むしろ、これから、といっていいでしょう。どんな風に進んでいくのか本当に楽しみです。

 

 11月24日(月)のワークショップの発表会では「まーさんとマッキーのすてきな出会いの物語」ができたらいいなと思っています。1週間に一回は「もうぷかぷかやめます」だの「もう死にます」だのと暗い顔をして言っていたまーさんが、マッキーや人形とのすてきな出会いの中で、少しずつ笑顔を取り戻すような、そんな物語です。出演は下の二人。乞うご期待!です。 

f:id:pukapuka-pan:20140810125249j:plain