ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

エキサイトする打ち合わせ

  6月から始まるワークショップの打ち合わせをやりました。デフパペットシアターの方4名、演劇デザインギルドの方1名、ピアニスト1名、ぷかぷかのスタッフ2名で、ああでもない、こうでもない、久しぶりにエキサイトする打ち合わせでした。

 6月7日(土)、1回目のスケジュール。

 参加者みんなの関係を作っていくコミュニケーションゲームを1時間ぐらい。

 『森は生きている』のお話の紹介。

 「まつゆきそう」はどんな花かわからないので、デフパペのスタッフが絵を描いて紹介。オペラ『森は生きている』で歌われる「まつゆきそう」の歌をピアニストのあみちゃんがソロで歌います。

 ♪ 森は生きている 風だって 雲だって 小川のせせらぎだって生きている…

 の歌はみんなで歌います。これは毎回テーマソングのように歌います。

 お昼を挟んで『雨の音楽』を歌ってヒートアップするところから午後の部がスタート。

 デフパペスタッフによる、言葉を使わないで気持ちを相手に伝えるワークショップ。言葉を使わない分、気持ちが集中して表現が研ぎ澄まされます。

 演劇ギルドの花崎さん、ぷかぷかの高崎による体を使った「ギブミーシェイプ」。参加者が誕生日月で春、夏、秋、冬に別れ、体を使っていろいろ表現。春の神さま、夏の神さま、秋の神さま、冬の神さまのイメージで、 顔の上半分だけのお面を作ります。

 デフパペのやなせさんに夏、秋、冬の音を作ってもらい、その音にのってグループごとに鏡を見ながら神さまの歩き方を考えます。季節ごとの神さまの歩き方を発表。

 予定では「森は生きている」に登場する12月(つき)の神さまを作る予定でしたが、ほとんどの人たちは初めてのワークショップなので、とりあえずワークショップの楽しさを知ってもらう内容にしました。

 おしまいは次回みんなで作る予定の簡単な人形を使った短い舞台をデフパペットの人たちにやってもらいます。簡単な人形と人間が一体化したような表現を披露します。写真のような簡単人形です。こんなに簡単な人形なのに、人間と一体化してすばらしい表現、物語が生まれる、ということをデフパペットシアターの人たちが見せてくれます。楽しみにしていてください。

f:id:pukapuka-pan:20140521175901p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140521175927p:plain

 ワークショップの参加者募集中です。詳しくはホームページで。

http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?みんなでワークショップ参加者募集

 

http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?みんなでワークショップ企画書