ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

もし…

   落ち込んでいるばかりでは何も始まりません。gottiに残された時間をどれくらい有意義に使えるか、それを考えようと思いました。

 もし、病院の1階のフロアまでおりられるなら、何人かで会いに行こう。絵が描けるなら、1枚でもいい、描いてもらおう。

 もし、家まで帰ることができるなら、お見舞いに行こう。びっしり並んだNゲージのレールと一緒に写真を撮ろう。「ツンさん」に頼んで、ビデオを撮ってもらい、あとで映画に編集してもらおう。

 「ツンさん」は、gottiと鉄道ジオラマの話で盛り上がっていたことがあります。gottiと鉄道ジオラマを組み合わせた映画をぜひ作ってほしいと思っています。

 もし、電車に乗ることができるなら、横浜駅まで連れて行き、川崎駅までのグリーン車に乗せてあげよう。利用者さん、スタッフみんなで同じ車両に乗ってもいいのですが、gottiはいつも一人でグリーン車の旅をしていたので、やっぱり一人で乗せてあげよう。

 もし、ぷかぷかまで来られるなら、ちょっとだけ、一緒に仕事をしよう。カフェの看板を書くのが好きだったので、その仕事をお願いしよう。gottiの接客が好き、というお客さんが何人もいるので、gottiのファンのお客さんを呼んで、ぜひ接客をやってもらおう。歩くのが大変なら車いすで接客してもいい。とにかく、gottiがカフェにいる、ということが大事。

 もし、絵が描けるなら、いろんな絵をたくさん描いてもらおう。絵を描いて描いて、思う存分いい時間を過ごして欲しい。

 

 何ができるか、みんなでもっともっと考えてみたいと思います。