ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ゴーカイジャー、ギガレンジャー、メガレンジャー

 瀬谷区役所の外販。久しぶりに担当したのだが、ツジさんの人気ぶりは目を見張るものがあった。来るお客さんのほとんどはツジさんとの話のやりとりを楽しんでいて、こんなにも楽しむ人が増えたことに正直驚いた。帰りがけも庁舎内を「ゴーカイジャーメガレンジャー、ギガレンジャー……」とよく通る大きな声で言いながら通路を歩いていたのだが、窓口の人たちはみんなツジさんのしゃべりっぷりを楽しんでるようだった。障害支援課の人たちならいざ知らず、全く違うセクションの人たちが、こんなふうにツジさんの振る舞いを受け止めてくれるのは、本当に画期的だと思う。こういう人がいるって、楽しいじゃん、とふつうに思えるようになったんだと思う。
 ぷかぷかの外販がなければ、こんな素敵な出会いはなかったと思う。
「彼らとは一緒に生きていった方がいいね」ってふつうに思える関係ができたらいいな、という思いで障がいのある人たちの働く「ぷかぷか」を街の中に立ち上げたのだが、いい形で結果が出てるように思う。(そのあたりの思いは「ぷかぷかパン」のホームページに詳しく書いています。)