ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

楽しい舞台ですが、その裏ではいろいろ大変なことがあるのです

 みんなでワークショップ第4期の反省と、第5期の計画の話し合いをしました。

f:id:pukapuka-pan:20180214124749j:plain

 舞台がだんだん大がかりになり、ホールを三日間借り切っているのですが、その期間で完成させるのがすごく大変だったようです。舞台制作は舞台監督を入れた3人とワークショップ進行役の2人も加わって5人でやったそうですが、金曜日は夜10時までやっても終わらず、ほんとうに悪戦苦闘したようです。

 お金があれば人を増やしてもう少し楽に仕事ができるのですが、どの程度の舞台を作るかの判断をどこでするかが曖昧になっているところが問題だと思いました。

 今回で言えば『注文の多い料理店』の背景画を作ったのですが、最初は山猫の大きな顔を作る話がありました。でも、計画を詰めていくとベニヤが30枚くらい必要で、その費用、作ったあとの再利用など考えると、かなりむつかしいことがわかり、かしわの木を作ることになりました。これもどの程度のかしわの木にするのかは最終的には舞台監督に任せたのですが、舞台監督はとにかくいいものを作りたいの一心で、結果的には、現場の人たちに大変な負担がかかりました。

 このかしわの木が完成したのは表現の市場当日の午前中。

f:id:pukapuka-pan:20180217172622j:plain

 

 舞台監督が暴走したわけではないのですが、舞台のアートディレクターをしっかり決め、その指示の元で現場に無理がかからないような舞台つくりにしよう、ということになりました。舞台のアートディレクターはアート屋わんどの新鋭コンドーですが、若いのでベテランの舞台監督を指示できるかどうかいささか不安。それで、わんどのアートディレクター金子さんにコンドーの後ろに立つご意見番をやってもらい、うまくすすめていこうということになりました。

 楽しい舞台ですが、その裏ではいろいろ大変なことがあるのです。

 

 

 さて8月から第5期みんなでワークショップがはじまります。毎月第三土曜日にワークショップをやって、来年1月27日に表現の市場で発表します。会場はすでに押さえました。

 中身についてはこれから決めていくのですが、話題になったのは宮澤賢治の『ほらクマ学校を卒業した三人』です。マイナーな作品ですが、とても面白いです。

 赤い手の長い蜘蛛くもと、銀いろのなめくぢと、顔を洗ったことのないたぬきが出てきて、「これからたれがいちばん大きくえらくなるか見てゐろ」と言うことがテーマで話が展開していきます。

 「たれがいちばん大きくえらくなるか」なんて、ぷかぷかがやっていることと正反対な気がするのですが、だからこそぷかぷかさんたちがやったら、とんでもない展開になるような気がするのです。

 やたら食われてしまうシーンが多いので、うんこの歌を歌おう、という意見が出ました。谷川俊太郎の詩『うんこ』にこんにゃく座の萩京子さんが曲をつけた歌です。

 

     ごきぶりの うんこは ちいさい

     ぞうの うんこは おおきい


     うんこというものは

     いろいろな かたちをしている


     いしのような うんこ

     わらのような うんこ


     うんこというものは 

     いろいろな いろをしている


     うんこというものは

     くさや きを そだてる


     うんこというものを

     たべるむしも いる


     どんなうつくしいひとの

     うんこも くさい


     どんなえらいひとも

     うんこを する


     うんこよ きょうも

     げんきに でてこい

 

 

 昔子どもが小さい頃、保育園で歌ったら、まぁ、いろいろ意見が出ましたね。でもね、

 「うんこよ きょうも げんきに でてこい」

って、子ども達が毎日うんこに呼びかけるような日々来たら、みんな元気になるような気がするのです。

 

 三月にまた話し合って最終案を出します。楽しみにしていて下さい。

 

 

だれですか?

 常連のお客さんとセノーさんのやりとりです。すごくいいので紹介します。こんなおつきあいが広がっていくといいなと思っています。

 ぷかぷかさんといいおつきあいをした方、いい時間を過ごした方、メールpukapuka@ked.biglobe.ne.jp  もしくはメッセンジャーでお知らせ下さい。紹介させていただきます。

●●●

 今日は、お腹ぺこぺこでぷかぷかに行きました。ぺこぺこで、ぷかぷか…なんかピースな響き。
 お惣菜を、あれと、これと、と注文していたら、奥からセノーさんが、顔をのぞかせて
セノーさん「だれですか?」
私「えー!忘れたの?ま、がつくよ」
セノーさん「ま、の次は?」
私「ま、の次は、あ、です。」
セノーさん「まあ?」
私「そう、まーさんだよ!!」(≧∀≦)〕
と、いつもの?会話をしまして。なんか、お約束的で、これは楽しい気持ちになります。
 新しいヘアスタイル、とっても似合ってる!
「セノーさん、写真撮ってもいい?」
と聞いたら、
「だめです!」
と言うので、撮らなかったのですが。
 
 
 お弁当を食べていると、さっき奥に入ったセノーさんが出てきて、
 「いいよ」(写真)
といってくれたのでした。
 写真はそんなに笑っていませんが、今日の笑顔はいつにも増して、とってもキュートだったのです。こんな笑顔を見せてくれるから、名前を当てようトークであたらなくても全然かまわない(笑)。ステキな笑顔でしたよ。だから、みんな行ったらよいんだよ、って一人帰りのバスの中でニコニコしていました。
                            
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

正しいことよりももっと大事にしたい世界がここに

 「玄米のご飲当弁」は間違っています、「玄米ごはんの弁当」と正しく書きましょう、みたいなことはぷかぷかでは言いません。「ひゃ〜、いいじゃん、いいじゃん、すばらしい!」と言います。ぷかぷかさんとのおつきあいが豊かさを生むのは、このあたりの対応にあると思います。

f:id:pukapuka-pan:20180206115543j:plain

 

 私が彼らに惚れ込んだ理由のひとつに、とにかく彼らとおつきあいする日々の楽しさがあります。「玄米のご飲当弁」もそのひとつです。こんな楽しい値札は、私たちにはまず思いつかない値札です。みっちゃんは多分「玄米ごはん弁当」の値札を書いて下さい、と頼まれて、まじめに一生懸命考えて書いたのだと思います。「玄米のご飲当弁」を見ていると、みっちゃんが一生懸命考えて考えて考え抜いて書いてる姿が目に浮かびます。もうそれだけでこの値札が本当にいとおしくなります。しかも本人の意図とは別に、なんともいえないおかしさがあります。

 決して正しいわけではありません。でも、正しいことよりももっと大事にしたい世界がここにはあります。この世界があるから、窮屈な正しい世界がちょっとゆるみます。退屈な正しい世界に笑いをもたらします。みっちゃんに感謝!です。

 彼らといっしょに生きる豊かさは、こういったところから生まれます。彼らのメッセージを見落とさない、私たちの側のセンスが問われます。

 

 

 話はガラッと変わりますが、オペラシアターこんにゃく座のオペラ『天国と地獄』は窮屈で退屈な正しい世界を徹底して茶化す抱腹絶倒のオペラです。天国の正しい神さまたちが地獄へ乗り込んで飲めや歌えの大宴会。とても人間くさい神さまたちです。歌がすばらしくいいです。2月18日(日)まで六本木俳優座でやっています。

www.konnyakuza.com

 以前子ども達にプレゼントした『ロはロボットのロ』、文化庁の助成金が出て10月だけ公演するというので、申し込んでいたのですが、残念ながら外れました。別のオペラを探します。 

 

 

 

 

 

陶芸教室やりました。

 先週末、スタッフとその子どもを対象に陶芸教室をやりました。短い時間でしたが、お皿、コーヒーカップ、お地蔵さんを作りました。

 陶芸窯を買ったので、そのうち地域の人たちにも呼びかけて陶芸教室をやります。楽しみにしていて下さい。

f:id:pukapuka-pan:20180209155843j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209155738j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209162044j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209162050j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209162053j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209162056j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209162129j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209164758j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209164801j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209170014j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180209170026j:plain

プロが入って新しいホームページ

  サービスグラントのママボノにホームページの改善提案をしてもらったのですが、私の知識不足もあって、なかなか先へ進めませんでした。再度サービスグラントにお願いし、今日はホームページ制作のプロの方にも入ってもらって打ち合わせしました。

f:id:takasakiaki:20180211211050j:plain

 

 ママボノにやっていただいたときは、おいしいパンを求めてやってきた人が入りやすい入り口としてトップページのデザインを考えていたのですが、

f:id:pukapuka-pan:20170213180234j:plain

 

タナカさん(プロの方)の話によれば、パンを探しに来た人は、いきなりパンのページに行ってしまって、トップページに来るのは十分の一くらい。トップページはいろんな人がやって来るので、もっとぷかぷかがやっている様々なことがひと目で見えるように作りかえた方がいいのではないかという提案をいただきました。

 ぷかぷかはパン屋からはじまったのですが、やっていくうちに単なるパン屋の話にとどまらない、多様な広がりを作ってきました。その広がりこそがぷかぷかなので、それが感じられるトップページにした方がいいということでした。

 タナカさんとのおつきあいはまだほんの一週間程度ですが、私の書いたブログを初期の頃から読んでくださっていて、あの情熱が伝わるようなホームページにしたいと、うれしくなるような言葉をいただきました。

 一番最初に作った稚拙なホームページも、こういう苦労した記録はちゃんと残しておいた方が、後に続く人のためにもいいという話をしてくれました。

 最初に作った稚拙なホームページ

 

カフェベーカリーぷかぷか

 

 これは今、biglobeの無料のサーバーにあって、そのサーバーが2月いっぱいで閉鎖になるのですが、サイトの移動の仕方がわからず、半ばあきらめていたのですが、タナカさんがやって下さるというので、ホッとしました。

 ホームページを見るのは、お客さんだけでなく、行政の人、福祉の人、障がいのある人、保護者、養護学校関係者など、多岐にわたるので、誰が見てもわかりやすいホームページにした方がいい。そのためにどうしたらいいかを考える。

 ぷかぷかの方でも、今一度どういうサイトにしたいかをよく考える。

 タナカさんは今何本も仕事を抱えているので、6月くらいにならないと取りかかれない。それまでにぷかぷかのお店に行って、空気感をしっかり味わう。その上で4〜5ヶ月かけて新しいホームページを構築する。ママボノさんの話だと中小企業どころか大企業に匹敵するほどの情報量なので、これを移行するのはものすごく大変。完成は年末くらい。

 というふうな打ち合わせをしました。

 どんなホームページができあがるか、楽しみにしていて下さい。時々進捗状況をお知らせします。

  

おお、いいじゃん!いいじゃん!!

またまた花岡さんのステキなブログです。

 

《 産んだ子が障がいがあったよーってなった時に、
  周りの反応が
 
  おお、いいじゃん!いいじゃん!!
 
  みたいな当たり前な世の中になればいいなーって思います。》
 
 この言葉が光っています。こんな社会になるには一体どれくらい時間がかかるんだろうと思いますが、少なくとも花岡さんやぷかぷかのまわりには、少しずつそういう雰囲気ができてきてる気がします。

ameblo.jp

「映画の主役」というのはそのことかと思いました

 映画「はたらく」のDVDを見ました。

 監督が自閉症のしょうへいさんに映画の主演を依頼し、二人で練習するところから映画ははじまります。監督の言っていることの半分もしょうへいさんには伝わりません。伝わってないところで、それでも映画制作を進めるにはどうしたらいいか、監督は困りながらも前へ前へ進みます。

 この困り感がとてもよく伝わってきます。困る中でしょうへいさんという人が少しずつわかってきます。困ることはそのまましょうへいさんとの出会いです。困りながらも、尚もしょうへいさんを主役にした映画はどうやったらできるのか。

 こんなことで本当に映画ができるんだろうかと、だんだん心配になります。喜怒哀楽をやってみましょう、というシーンはまじめに心配してしまいました。

 私たちが普通思う「はたらく」イメージでしょうへいさんを見てはだめなんだということがだんだん見えてきます。じゃあ、しょうへいさんの「はたらく」はどう見ればいいのか、というところをこの映画は問題提起しているように思いました。

 途中で監督以外3人の役者が加わるのですが、やっぱり前に進みません。

 タクシーの場面で、3人がお客さん、しょうへいさんが運転手という設定で、3人は場面を盛り上げようといろいろ言うのですが、しょうへいさんの反応はさっぱり。そのことのおかしさが前に出てきますが、しょうへいさんを何とかしようというふうにはなりません。

 本気でしょうへいさんを映画の主役にするなら、しょうへいさんがもう少し集中できるようにするとか、普通ならいろいろ工夫するのですが、どうもそういう方向に動く気配はありません。どこまでもありのままのしょうへいさんとその場面を作ろうとしています。そこで何ができるかを探り、楽しんでいる感じでした。

 何かをやってもやらなくても、しょうへいさんの存在感がすごくある映画だなと思いました。

 「映画の主役」というのはそのことかと思いました。そこにしょうへいさんがいること、そのことが大事なんだ、それがしょうへいさんの「はたらく」ということだと。

 そしてしょうへいさんとみんなの「はたらく」が、うまくリンクしたとき、そこには今までにない「豊かさ」が生まれるような気がしました。

 

 ★前売りのチケット ぷかぷかのわんどで販売中 045−923−0282

f:id:pukapuka-pan:20180111000756j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180111000830j:plain