読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

なんかね、夢があっていいじゃないですか。

 ボーイング社が助成金応募団体を募集していたので、エントリーすることにしました。

 支援金額がなんと7万ドル〜10万ドルだそうで、ドルで銀行口座に振り込まれるそうです。7万ドルって、いったいいくらなんだと思いながら、でも、なんだかすごい!とわくわくしながら書きました。なんかね、夢があっていいじゃないですか。

 

プロジェクトの概要

1,目的及びゴール

 就労支援施設「ぷかぷか」(パン屋、お惣菜屋、カフェ、アートスタジオ)で働く障がいのある人たちと地域の人たちが一緒に6ヶ月かけて演劇ワークショップ(芝居作り)を行い、できあがった芝居を大きなホールの舞台で発表する。

 

2,社会のニーズにどのように貢献できるか

 2016年7月相模原で重度の障害者19名が殺されるという悲惨な事件が起きた。容疑者は「障害者はいない方がいい」「生きていても意味がない」などと言った。これは容疑者だけの言葉ではなく、社会の多くの人は「障害者はなんとなくいや」「障害者は生産性が低い」「障害者は社会の負担」と考えていて、容疑者と同じようなイメージを障害者に対して持っている。何よりも容疑者はこの社会で生まれ、容疑者の発想はこの社会が育んでいる。だから事件は容疑者の特異性だけの問題ではすまない。社会の何が病んでいるのか、私たちはどうすればいいのか、社会全体で考えていかねばならない問題だと思う。

 事件の衝撃が大きすぎて、みんな何をやっていいのかわからないような状態だったと思う。本プロジェクトは、そういった社会のニーズに応えるものとして位置づけられる。

 

 いろんな人がいることが社会の豊かさだとすれば、障害者を排除する社会はその豊かさを失っていく。お互い息苦しい、窮屈な社会になっていくだろう。

 そんな中で私たちは「障害者はいた方がいい」「生きている意味がある」と言い続けるだけでなく、みんながそう思えるような事実を作り続けようと思っている。今回の芝居作りもそういった思いの延長線上にある。演劇ワークショップは誰かが台本を書いてそれをみんなでやるような芝居ではない。どこまでも障がいのある人たちと地域の人たちが一緒になって、みんなで創り上げていく芝居。それは障がいのある人が一緒だからこそできる楽しい芝居になる。

 一緒に演劇ワークショップをやるとわかるのだが、芝居作りの場において彼らはもう「あれができない、これができない、役に立たない人たち」ではない。彼らがいなければ、芝居作りが成り立たないほどの存在。障がいのある人に向かって「あなたにいて欲しい」「あなたが必要」と素直に思える関係が自然にできる。

 障がいのある人たちは「あれができない、これができない」とマイナス評価ばかりが多いのだが、そんな彼らと一緒に新しい芝居を起こすというクリエイティブな関係ができる。しかもそこから生み出されるものは障がいのある人たちを排除しない、社会の幅を広げ、豊かにする「新しい文化」といっていいほどのものだ。

 彼らといっしょに創り上げる芝居には、そういった要素がすべて含まれている。芝居を見て一人でも多くの人が「障害者はいた方がいい」「生きている意味がある」というメッセージに共感してくれればと思っている。

 本プロジェクトは、相模原障害者殺傷事件を生むような病んだ社会の中で私たちはどうしたらいいのかという重い問いに対するひとつの具体的な回答になると思う。抽象的な、評論家のような無責任な答えではなく、確実に実行できる具体的な回答になる。

 

3,プロジェクトによる効果及び評価方法

 相模原障害者殺傷事件については優生思想云々といった大きな話が語られることが多いが、大事なことは病んだ社会が確実に変わっていくことだと思う。そのためには目の前の一人が変わることをすることが大事。障がいのある人たちと地域の人たちによる演劇ワークショップは、それに参加した人はもちろん、できあがった芝居を見た人も変わっていく。演劇ワークショップは芝居を作っていく過程をすべてホームページ上にアップしている。それを見る人も加えると、相当な数の人がいろんな新しい発見をしている。

  http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?みんなでワークショップ

 

 演劇ワークショップに参加した「ぷかぷか」のお客さんが、地域の中で目の前の一人を変えることをしていると神奈川新聞で紹介された。

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/04/25/152019

 

 ワークショップ参加者の感想

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/03/000623

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/03/113152

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/08/145008

      

 芝居の発表は「表現の市場」という表現活動を行う障害者グループの発表の舞台の中で行った。その舞台を見た人の感想

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/02/141005

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/04/004817

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/10/103304

 

 表現の市場の映像

  http://pukapuka-pan.hatenablog.com/entry/2017/02/03/162939

 

4,他の組織ではなく当団体がプロジェクトを行う意義及びその貢献について

 「ぷかぷか」は代表の高崎が養護学校の教員時代に障がいのある子ども達に惚れ込み、退職後もずっと一緒に生きていきたいと始めたもの。だから、日々「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいいよ」というメッセージを様々な方法で発信している。一緒に生きていった方が私たちの社会が豊かになるからだ。

 今回のプロジェクトは、そのメッセージが芝居という目に見える形で表現される。障がいのある人たちがいると社会が豊かになるということが実感できるような芝居を舞台にあげ、たくさんの人たちと共有できる。「ぷかぷか」が日々発信しているメッセージが、形を変えてより広く広がっていくことに今回のプロジェクトを行う意義がある。

 これは先に述べた相模原事件への「ぷかぷか」のメッセージでもあり、病んだ社会を回復する試みでもある。そういう意味で大きな社会貢献といっていい。

 

 街の中に作った「ぷかぷか」のお店は、街の人たちと障がいのある人たちとのたくさんの出会いを作ってきた。素敵な出会いのおかげで、たくさんの「ぷかぷかのファン」を作り、地域社会を豊かにしてきた。

 今回のプロジェクトは、単なるお店のお客さんという関係にとどまらず、もっと踏み込んで一緒に新しいものを創り出すクリエイティブな関係を障がいのある人たちと切り結ぶもの。「あれができない、これができない」とマイナス評価ばかりの障がいのある人たちとクリエイティブな関係を作ること自体画期的なことだ。

 福祉事業所がこういった形で障がいのある人たちと新しいものを創り出そうという試みは、福祉の新しい分野、歴史を切り開くものとして、とても意義あるものだと思う。今回のプロジェクトはそれを実行するものだ。

 福祉の新しい歴史を切り開くという意味で、今回のプロジェクトは大きな社会貢献をしている。

 

5.プロジェクトの発展性(方向性及び規模の拡大、助成期間終了後も継続可能なものか)

 演劇ワークショップの参加者は毎回かなり入れ替わる。参加者が変われば、ワークショップの場の雰囲気も毎回変わってくる。毎期ちがうテーマの芝居をやるので、進行役も鍛えられ、最終的にできあがる芝居もレベルがアップしていく。

 マスコミもかなり注目してくれるようになり、第三期目の発表会は読売新聞、神奈川新聞が大きく報道してくれた。NHKも相模原障害者殺傷事件の取り組みで紹介してくれた。

 6月には慶應義塾大学日吉キャンパスで行われる日本演劇学会全国大会で「障害者との演劇活動は何を目指すのか」というタイトルで発表を行う。

 第一期と第三期の演劇ワークショップについては記録映画もでき、プロモーションビデオとあわせてあちこちで自主上映を展開していく予定。

 助成金に頼らず、みんなでワークショップの試みを支える仕組みを構築する予定。よこはま夢ファンド(市民活動推進基金)と連携し、寄附金控除など税の優遇措置が受けられる仕組みの中で幅広く寄付を集める。また神奈川県独自の認定NPOの申請も行い、寄付を集めやすい環境を整える。

 サービスグラントのプロボノ支援の審査が通り、企業との連携を目指す支援を受けることになった。これがうまくいけば企業からの支援が受けられる。

 

 

★ツジさんの妹とさんが早稲田大学の大学院で演劇を研究しているそうで、お母さんから今度演劇学会で「ぷかぷか」が紹介されるそうですが、ご存じですか?という問合せがありました。ワークショップ進行役の花崎さんが「障害者との演劇活動は何を目指すのか」というタイトルで研究発表するみたいです。

 

 

撮影を重ねるごとにだんだんと透明になったような映像

 第3期演劇ワークショップの記録映画のプロモーションビデオができました。𠮷田拓史さん制作です。 

www.youtube.com

 

 ここで紹介されているワークショップの記録映画は6月17日(土)みどりアートパークのホールで午後1時半から上映します。プロモーションビデオ第2弾も一緒に上映します。相模原障害者殺傷事件への映像のメッセージです。

 上映会は、映画を手がかりに今一度相模原障害者殺傷事件についてみんなで考えてみよう、ということがテーマです。相模原障害者殺傷事件がテーマですが、とんがった言葉は使わない、優生思想云々といった大きな話はしない、自分のできることを話す、といったことがルールです。

 

 

 第3期演劇ワークショップの記録映画を撮影、編集した吉田さんの思いです。

 

 自分は映像を作ることが多くて、文章を書いて自分の気持ちや考えを伝える経験があまりないのですが、いい機会をもらったと思い頑張って書きます。

 今回、撮影としてワークショップに参加して39分くらいの映像にまとめました。あまりここでは映像の中身については触れませんが、今回のワークショップの映像は、言い方が難しいけれどこう理解してくださいとか、この人はこういう気持ちでしたなど、こちらで決めるような作り方はしませんでした。だからといって、ただただ映像が流れているというわけではありません(笑)。分かりやすい映像ではないかもしれませんが、文字とか情報よりも目の前の映像の中にある「存在」に注目してほしいと思っています。普段、家族以外の人のこと(家族でもないかもしれませんが)をじっくり見たりすることってないんじゃないかと思います。直接話さなくても見てると色々な発見があると思うんです。それも一つのコミュニケーションだなとか、そういうことを考えながら作りました。色々な見方をしていただけたら嬉しいです。口に出さなくても自分が感じたことを正直に心に留めてほしいなと思います。

 撮影をしていて感じたことを書きます。まず感じたことは熱量が程よいなと思いました。「よしこれを発表して世の中を変えてやるぞ!」とかそういう熱量じゃなくて「こういうことやってます~」っていう普段着的な感じがいいなと思ってそれを撮ろうと思いました。でも撮影される方もいきなり撮影の吉田ですって言われてカメラを向けられても、普段通りできないと思うので、自分もカメラも透明になったつもりで映すことを心がけました。それでも僕とカメラの存在は非日常だからなかなかそんな感じには撮れなかったんですが、これも撮影を重ねるごとにだんだんと透明になったような映像になってました。すっといつのまにか受け入れられている感じは映像に現れていると思います。

 ワークショップにはぷかぷかのお店の常連さんが何人か参加していますが、その方々にも注目して見てもらいたいです。その方々から誰かひとりに焦点を当てて撮影したいと思ったくらい変化していました。今回の映像でどこまで映っているかはわからないですが、色いろな制約のなかで生活している人ほどぷかぷかのメンバーさんと接してなにか発見があるんじゃないかと思いました。ぷかぷかのメンバーさんは形式的なコミュニケーション、僕たちが持っているなんとなくこういう時はこういう言葉を言った方がいいとか、そういうのがいい感じに通用しないで、思いもよらない視点・観点からのコミュニケーションだから新鮮な「楽しい誤解」で、その誤解は障がいのある方とのコミュニケーションの第一歩だなとか考えて撮影しました。あまり説明しすぎると映像にとって良くないのでこの辺で終わりにします。

 この映像が障がいのある方のことを考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。ぷかぷかを紹介してくれたフェースofワンダー主宰の金子さん、受け入れてくれた高崎さんには感謝しています。

                                  吉田 拓史

 

 6月17日以降、自主上映を希望される方にメディアを貸し出します。プロモーションビデオ第2弾も一緒にして3万円で貸し出します。できれば高崎も呼んでぷかぷかの話を聞いていただけるとうれしいです。

 申込はメールpukapuka@ked.biglobe.ne.jp もしくは電話045-453-8511で

 

  下に貼り付けてある映像は、今後有料で上映会をするため、自主上映を申し込んだ方、及び関係者だけ見られるように設定してあります。申し訳ありません。

 

www.youtube.com

目の前のその一人から少しずつ…

 今朝の神奈川新聞の「生きる証」ー地域の中でー というシリーズで「自分が変わり周囲も」というタイトルでぷかぷかの常連のお客さんオーヤさんが紹介されていました。

www.kanaloco.jp

 子どもと一緒に毎日のようにクリームパンを買いに来たのがきっかけでおつきあいが始まり、パン教室に一家で参加したり、アートのワークショップにやはり一家4人で参加したりしているうちに、オーヤさん自身がどんどん変わってきました。

 プロモーションビデオの中で、その頃の思いを語っています。

www.youtube.com

 

 ぷかぷかさんたちとおつきあいしてきて「自分も耕されてるのかなって思ったりします」と語るオーヤさん。障がいのある人たちとおつきあいして、そんなふうに受け止める人はなかなかいません。

 演劇ワークショップに参加したときは、涙を流すほどの心の揺らぎがありました。そんな深いおつきあいをオーヤさんはぷかぷかさん達とやっているのだと思います。

 記事の最後にこんな話が載っていました。

…そんなオーヤさんがこの1,2年で始めたことがある。バスの車内や駅で「ぷかぷか」のメンバーに出会ったときのあいさつだ。

「『セノーさん、こんにちは』とか、『テラちゃん、お疲れ』とか。あいさつで自分とメンバーみんなとの関係性を示すことで、怖い存在じゃなくて、人としてつきあえるんだよ、と周囲にわかってもらえたらな、って」

 少しずつ、目の前のその一人から少しずつ…。日々の暮らしの中でオーヤさん自身が変わり、周囲もまた変えようとしている。

 

 相模原障害者殺傷事件という悲惨な事件の一方で、こうやって少しずつ自分のまわりを変えようとしている人がいる。子どもと一緒にクリームパンを買いに来た、というたったそれだけのことがきっかけで、ここまで人が変わるということ。ここにこそ希望があるように思うのです。

 オーヤさんは別に社会を変えようとか、そんなふうには多分思っていません。「彼らとはおつきあいした方がトクだよ」って、思ってるんだと思います。ぷかぷかの影響を受けて…

f:id:pukapuka-pan:20170425153505p:plain

第4回湘南ヴィヴィットアート展

  ぷかぷかのアートのワークショップを企画したり、『セロ弾きのゴーシュ・ぷかぷか版』の背景画を企画したりした金子さんの企画する第4回湘南ヴィヴィットアート展が5月1日(月)〜5月8日(月)藤沢の蔵前ギャラリーで開かれます。そのCMができました。演劇ワークショップの記録映画を撮った吉田さんが作りました。

www.youtube.com

f:id:pukapuka-pan:20170423203348j:plain

 

f:id:pukapuka-pan:20170423205141p:plain

 5月4日(木)にはぷかぷかのメンバーさんによる似顔絵描きもあります。ぜひお出かけください。

 金子さんとはわんどが作り出した作品の小さな冊子を作ろうと相談しています。貴重な作品がどんどん散逸していくので、その記録としての小さな写真集を作ろうというわけです。『セロ弾きのゴーシュ・ぷかぷか版』背景画制作とか、「秋コレ・ぷかぷかファッションショー」のモデルさん作りとか、「社会の財産」としてきちんと残しておこうと思っています。制作がはじまりましたらまたお知らせします。

こんなふうにたくさんの人が集まって、みんなで楽しいことをやれるようになったことが…

ぷかぷか7周年の小さなイベントがありました。

f:id:pukapuka-pan:20170422152152j:plain

 

染め物のワークショップは定員をオーバーするほどの人気でした。

f:id:pukapuka-pan:20170422152258j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152317j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152334j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152417j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152431j:plain

 

高鳥さんの歌にあわせてライブペインティング

f:id:pukapuka-pan:20170422152852j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152935j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422152958j:plain

音を絵で表現

f:id:pukapuka-pan:20170422153041j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422153126j:plain

www.youtube.com

文字も描きました。

f:id:pukapuka-pan:20170422153219j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170422153232j:plain

 

こんなふうにたくさんの人が集まって、みんなで楽しいことをやれるようになったことが、ぷかぷかが作ってきた7年のおつきあいかなと思いました。

f:id:pukapuka-pan:20170422153320j:plain

この人たちの、こんな世界が、社会を豊かにしてくれます。

 わんどで誰かの似顔絵を描いたり、自画像を描いたりしました。

 

f:id:pukapuka-pan:20170419135604j:plain

 

なんて楽しい人たちなんだと思います。

 

f:id:pukapuka-pan:20170419135732j:plain

 

こういう世界が私たちのすぐそばにあることを幸せに思います。

 

 

f:id:pukapuka-pan:20170419135830j:plain

 

こんな世界を持っている人たち、本当に大事にしたいです。

彼らのそのままを大事にしたいです。

ずっと一緒に生きていきたいです。

この人たちの、こんな世界が、社会を豊かにしてくれます。

こういう絵が社会の中に散らばっていくと、社会はもっと楽しく、もっとゆるやかになります。お互いがもっともっと生きやすくなります。 

相模原障害者殺傷事件を起こすような病んだ社会には、こういう絵こそ必要なんだと思います。この人たちの世界が、病んだ社会から私たちを救い出してくれるように思うのです。

ぷかぷか7年目を迎えてーその①

 障がいのある人達といっしょに生きていきたいと2010年4月「ぷかぷか」を立ち上げました。あれから7年がたちます。

「ああ、もう7年もやってきたんだ」

という思いです。

 この7年でぷかぷかは何を作り出してきたのかを少しずつ書き出していきたいと思います。

 

 ぷかぷかが目指しているのは(目的・ミッション)

①障がいのある人達と一緒に、お互い気持ちよく生きていける社会を実現する

②健康な命を、未来に引き継ぐ

の二つです。

 それを実現するためにパン屋、お惣菜屋、カフェ、アートスタジオを運営しています。これは障がいのある人達の働く場の運営です。

 

 

 ぷかぷかでは「彼らの働く場」が「彼らと一緒に働く場」「一緒に生きる場」になっています。そこにぷかぷかの独自性、オリジナリティがあります。

 ぷかぷかのミッションをお店で実現しているのです。そしてそのことをお店の中に閉じ込めるのではなく、日々ネット上に発信し、たくさんの人たちと共有しています。ホームページのアクセス数は186,000を超え、ぷかぷか日記のアクセス数は191,000を超えます。それくらいたくさんの人とぷかぷかが創り出してきたものを共有できたということです。 

f:id:pukapuka-pan:20170405153617j:plain

 

 

 街の中に彼らの働く場を作ったのは、街の人達に彼らに出会って欲しいと思ったからです。彼らの魅力に出会って欲しいと思ったからです。

 たくさんの素敵な出会いがあり、「ぷかぷかが好き!」とか「ぷかぷかのファンです」という人達が現れました。障害者、というとなんとなくいやだなと思う人の多い社会にあって、彼らが働くお店が好き!彼らのファン!という人が現れたのは、画期的なことだったと思います。

 「彼らの働く場」が「障がいのある人達に出会う場」「ファンを作り出す場」になっているのです。ここにもぷかぷかの独自性、オリジナリティがあります。お店を運営することで、ミッションを少しずつ実現しているのです。

 

 「地域社会を耕してきた」という言葉も使いました。ぷかぷかは街の中に彼らのお店を作ることで、地域社会をやわらかく耕してきたのです。豊かにしてきた、といってもいいでしょう。お子さんの誕生日会で、メンバーさんといっしょに写真を撮りたい、と言って下さったお客さんのリクエストで撮った写真です。

f:id:pukapuka-pan:20170323000415j:plain

 

 もう一つ大事なことは、彼らの働くお店を運営することと平行して、地域の人達とのおつきあいをもっともっと深めようと、「パン教室」「運動会」「演劇ワークショップ」「アートワークショップ」を行っていることです。

 「パン教室」「運動会」はお店のお客さんと従業員という関係を超え、一緒にその日一日を楽しむ関係を作り出しました。一緒にその日を生きる関係といってもいいと思います。

f:id:pukapuka-pan:20170416164615j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170416161018p:plain

 

 

 「演劇ワークショップ」「アートワークショップ」は「一緒に新しいものを創り出す場」になっています。新しいものは、新しい「文化」といっていいほどのものです。

f:id:pukapuka-pan:20170323123814p:plain

f:id:pukapuka-pan:20170322163401j:plain

 

 

 何よりも、あれができない、これができないといわれ続けてきた彼らと、新しいものを一緒に創り出す「クリエイティブな関係」ができたことはとても大きな意味合いを持つと思います。彼らといっしょに生きていくと、今までにない新しいものを創り出すことができる、ということです。これは、社会が豊かになる、ということです。

 あれができない、これができないといわれ続けてきた彼らといっしょに生きると、社会が豊かになる。ステキなことだと思いませんか?

f:id:pukapuka-pan:20170131175902j:plain

 

 

 お店をただ単に「彼らの働く場」にとどめていたら、こんなにも豊かなものは生み出せませんでした。そこにこそ「ぷかぷか」の独自性、オリジナリティがあり、「ぷかぷか7年」という重みがあるように思うのです。