ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ぷかぷか日記は以下に移転しました。
ぷかぷか日記 – NPO法人ぷかぷか

社会に豊かさをもたらす彼らをマイナスの評価することは、社会の大きな損失

ヤマト福祉財団より

f:id:pukapuka-pan:20200804162647j:plain

 

 

 

と連絡があり、賞金に100万円もくれるなら、これは応募しなきゃソン!と、保護者の方にお願いして、推薦文を書いてもらいました。ぷかぷかがやっていることのオリジナリティーをどうやって伝えるかで、保護者と何度もあーだこーだとやりとりしてようやく完成。最後に高崎の経歴、実績を書く必要があって、ここは私が書きました。

 実績はまさにぷかぷかがやってきたこと。で、書きながらあらためて気がついたのですが、障がいのある人たちは、一般的には「あれができないこれができない」「生産性がないからだめ」とかいわれていますが、その評価は絶対的なものではなく、彼らとの関係ひとつでマイナスからプラスに大転換する、ということがぷかぷかを10年やってきてわかりました。

 彼らとの関係は「何かやってあげる」とか「支援する」といった「上から目線の関係」が多いのですが、ぷかぷかはいつも書いているとおり「いっしょに生きていく」「フラットな関係」です。

 そういう関係でぷかぷかは事業を展開してきたのですが、そこで見えてきたのが、彼らは「社会を耕し、社会を豊かにする存在」であるということです。

 つまり彼らとどういう関係でやっていくかによって、全く正反対のものが出てくるのです。社会を豊かにする新しい文化といっていいほどのものをぷかぷかはたくさん作り出してきました。

 

 社会に豊かさをもたらす彼らをマイナス評価することは、社会の大きな損失だと思います。豊かさの喪失です。それはぷかぷかが今まで創り出してきたものを見ればすぐにわかります。 

f:id:pukapuka-pan:20200717120124j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200608002200j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200210125624j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200717120320j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200717120513j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200517165408j:plain

 

 

f:id:pukapuka-pan:20200513130504j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200327233011j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200316074935j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200301014614j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200424161239j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200226121807j:plain