ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

社会の色々な場所でこんな空気が作れたら、世界は今よりもっと楽しく快適に

先日の「でっかい絵本作りワークショップ」に親子で参加された方の感想です。

前に座っている親子です。

f:id:pukapuka-pan:20181113014550j:plain

●●●

 でっかい絵本作りに参加させて頂きありがとうございました。とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 皆作業中は自由なペースで、自分のやり方で創作していて一見まとまりがないようでいて、しっかり時間内に出来上がった絵本が本当に素晴らしいものでびっくりしました。

 ぷかぷかさん達は自然にお互い認め合って、誰かと比べることもしていない、だから一人一人が自信を持って出し惜しみなく個性を発揮している、その結果、皆の強みが最大限に活かされていることに感銘を受けました。

 ちょっと人見知りな息子も、気付いたらぷかぷかさんにサポートされて自然な自分を出して楽しんでいました。

 大げさではなく、きっと社会の色々な場所でこんな空気が作れたら、世界は今よりもっと楽しく快適になると思います。

 様々な国家や企業で、多様性の受容の大切さが取り上げられる事が多くなっていますが、ここまで自然に個性や強みを活かしあってる組織はまだ中々ないと思います。それを自然に、簡単に作ってしまうぷかぷかさんたちは本当に凄いですね。

 一般的に、障がい者は助ける必要があると思われている所があると思いますが、本当は彼らに助けて貰わないと、これからの今以上の社会の発展は難しいのではと確信しました。

 今回は短い時間でしたが、色々な事を考えさせられた時間でした。そんな考えを長らく書きましたが、一番の感想としては、シンプルに人として魅力的な人が沢山いて、また来たい、また会いたいと心から思える出会いが本当に楽しかったです。

 今後とも妻を始め家族総出でお世話になります。宜しくお願いします。

 

追伸、

自分たち親子は、特にサワちゃん、はやちゃんお二人のサポートで楽しく過ごせました。是非お礼をお伝え下さい。

 

中村匡汰

 

f:id:pukapuka-pan:20181111140450j:plain

 

 

 お父さんはふつうの会社員だそうです。その会社員の目で

「大げさではなく、きっと社会の色々な場所でこんな空気が作れたら、世界は今よりもっと楽しく快適になると思います。」

一般的に、障がい者は助ける必要があると思われている所があると思いますが、本当は彼らに助けて貰わないと、これからの今以上の社会の発展は難しいのではと確信しました。」

ということの発見は、すばらしかったと思います。人事課でお仕事をされていると聞きましたので、機会があればぜひ社員教育でぷかぷかを使っていただければ、と思います。ぷかぷかさんと社員で一緒になって大きな絵(縦2メートル、横3メートルくらい)を描いたりできれば、いろんな発見のあるすばらしく充実した時間が過ごせると思います。

 3日くらいのゆとりがあれば、いろんな職場体験もできます。体験のシェアをすれば、経験の幅がグンと広がります。

 管理職くらいになってぷかぷかさん達と出会うと、ものすごく考えることがあると思います。

 いずれにしても、職場が豊かになります。

 ぜひご検討下さい。