ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

大人はもっともっと自由にならないと

 2月のもえぎ野パン教室で知り合ったこーちゃんが

f:id:pukapuka-pan:20180203133528j:plain

お母さん、お兄ちゃんといっしょに、ぷかぷかにお昼ごはんを食べに来ました。

ぷかぷかさんのお昼ごはんのランチ、おいしいおいしいと言って食べ、スタッフを喜ばせていました。

f:id:pukapuka-pan:20180316121423j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180316125147j:plain

 

 久しぶりに会ったこーちゃんですが、そばにいるだけで幸せな気持ちになります。こーちゃんの持つ雰囲気というか、こーちゃんの発するオーラというのか、心がなごむのです。

 お母さんは、いろいろ大変なときもあったけど、こーちゃんのおかげで人生が楽しくなった気がしますっておっしゃってました。学校でお友達ができるか心配したこともありましたが、こーちゃんはそんなことお構いなく、どんどん新しい関係を広げ、あっという間に子ども達の中では大人気になりましたね。

 大人たちは障がいのある子どもにどうつき合ったらいいんだろう、なんていってましたが、子ども達はいきなり友達になってしまってびっくりしました、とお母さん。

 先日のもえぎ野のパン教室でも、お姉さんたちが何も言わないのにこーちゃんにいろいろ教えていました。

f:id:pukapuka-pan:20180203094958j:plain

こーちゃんを見つめる目がやさしい

f:id:pukapuka-pan:20180203095007j:plain

 

 大人はいろいろ考えないとつきあえないみたいですが、子ども達は直感でつきあっていきます。いいものはいいっていうその感覚が、障がいがあるとかないとかいったものを超えていくのだと思います。

 こーちゃんのそばにいて感じる安らぎ、楽しさを、子ども達は大人以上に感じているのではないかと思います。

 大人はもっともっと自由にならないと、人生、損してるんじゃないかと思いました。あれこれ考えず、こーちゃんのそばにいて感じる安らぎを、ああ、いいなぁって思っておつきあいする。ただそれだけです。マニュアルのようなおつきあいの仕方なんて、こーちゃんには通用しない気がします。