ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

正しいことよりももっと大事にしたい世界がここに

 「玄米のご飲当弁」は間違っています、「玄米ごはんの弁当」と正しく書きましょう、みたいなことはぷかぷかでは言いません。「ひゃ〜、いいじゃん、いいじゃん、すばらしい!」と言います。ぷかぷかさんとのおつきあいが豊かさを生むのは、このあたりの対応にあると思います。

f:id:pukapuka-pan:20180206115543j:plain

 

 私が彼らに惚れ込んだ理由のひとつに、とにかく彼らとおつきあいする日々の楽しさがあります。「玄米のご飲当弁」もそのひとつです。こんな楽しい値札は、私たちにはまず思いつかない値札です。みっちゃんは多分「玄米ごはん弁当」の値札を書いて下さい、と頼まれて、まじめに一生懸命考えて書いたのだと思います。「玄米のご飲当弁」を見ていると、みっちゃんが一生懸命考えて考えて考え抜いて書いてる姿が目に浮かびます。もうそれだけでこの値札が本当にいとおしくなります。しかも本人の意図とは別に、なんともいえないおかしさがあります。

 決して正しいわけではありません。でも、正しいことよりももっと大事にしたい世界がここにはあります。この世界があるから、窮屈な正しい世界がちょっとゆるみます。退屈な正しい世界に笑いをもたらします。みっちゃんに感謝!です。

 彼らといっしょに生きる豊かさは、こういったところから生まれます。彼らのメッセージを見落とさない、私たちの側のセンスが問われます。

 

 

 話はガラッと変わりますが、オペラシアターこんにゃく座のオペラ『天国と地獄』は窮屈で退屈な正しい世界を徹底して茶化す抱腹絶倒のオペラです。天国の正しい神さまたちが地獄へ乗り込んで飲めや歌えの大宴会。とても人間くさい神さまたちです。歌がすばらしくいいです。2月18日(日)まで六本木俳優座でやっています。

www.konnyakuza.com

 以前子ども達にプレゼントした『ロはロボットのロ』、文化庁の助成金が出て10月だけ公演するというので、申し込んでいたのですが、残念ながら外れました。別のオペラを探します。