ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

彼らに「いてくれて、ありがとう!」って、心の底から言えるような舞台を作ります。

 1月21日(日)午後2時からみどりアートパークのホールで第4回《表現の市場》が開かれます。

f:id:pukapuka-pan:20171219233051j:plain

より鮮明なチラシはこちら

pukapuka-pan.xsrv.jp

 

 その中で第4期「みんなでワークショップ」で作った芝居『注文の多い料理店・ぷかぷか版』を発表します。昨年8月から月一回土曜日にぷかぷかさんと地域の人たちが集まって作ってきた芝居です。

 障がいのある人たちがいっしょだからこそできる楽しい芝居です。彼らとはいっしょに生きていった方がいい!と、端的にわかる舞台です。

 

 相模原障害者殺傷事件の犯人は「障害者はいない方がいい」「障害者は不幸しか生まない」「障害者は生きている意味がない」などといいました。そしてそれに、なんとなく、「そうだよなぁ」と同調する社会がありました。

 「みんなでワークショップ」は障がいのある人たちに「あなたにいて欲しい」「あなたが必要」と自然に思えるような関係を作ります。「障害者はいない方がいい」なんてとんでもないです。いないと困るのです。

 彼らといっしょにやるワークショップはほんとうに楽しいです。彼らはワークショップのたびに幸せな一日を私たちにプレゼントしてくれるのです。「障害者は不幸しか生まない」なんてとんでもないです。彼らは幸せな一日を作ってくれるのです。

 「みんなでワークショップ」の場は、障がいのある人たちに支えられています。彼らがいなければ、とても淋しいワークショップになります。「障害者は生きている意味がない」なんてとんでもないです。彼らがいてこその「みんなでワークショップ」なのです。

 

 彼らに「いてくれて、ありがとう!」って、心の底から言えるような舞台を作ります。

 

f:id:pukapuka-pan:20180118005004j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180118005116j:plain