ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

ここに来ると、歌が生まれ、人は踊り出し、物語がはじまる、あの広場がここに

 10月21日(土)、第四期の第三回目のワークショップ。私の熱いリクエストで歌うことになった「あの広場のうた」、みんなすごくのって歌っています。原曲よりもかなりゆっくりで、音も下げ、とても歌いやすくなっています。むつかしい手拍子も、あみちゃんの手にかかると、みんなできるようになりました。シャキシャキした手拍子がみんな気に入っています。

www.youtube.com

 

♪ いまはいつだろう  いつもの朝

  ここはどこだろう   いつも場所

 

 いまはいつだろう  いつもの夜

 ここはどこだろう  いつもの場所

 

 でもどこかちがう

 ここはどこかに似ている

 

 おとなもこどもも  犬も鳥たちも

 虫たちも集まる   あの広場みたい

 

 耳をすませば見えてくる

 目をみはれば聞こえてくる

 少しずつ 少しずつ

 

 歌が生まれ  人は踊り出し

 物語がはじまる  あの広場がここに

 

 昔 広場に一本の柱

 ここに立てよう  目には見えない柱を

 

 昔 広場に一本の柱

 ここではじまったぷかぷか  いまここで ♪

 

 

安見ちゃんが最後の「ここではじまったオペラを」のところを「ここではじまったぷかぷか」に変えてくれました。私のこの歌に込める思いをくみ取ってくれたのだと思います。

 ぷかぷかは単なる福祉事業所の枠を超えて、みんなにとって、とても大切な場所になっています。ここに来ると、歌が生まれ、人は踊り出し、物語がはじまる、あの広場がここにあるのです。

 

 さてその広場で今回もいろんな物語が生まれました。どんな物語が生まれたか、写真を見ながら想像してみて下さい。

 『注文の多い料理店』は森にある大きなかしわの木からはじまります。

f:id:pukapuka-pan:20171021104914j:plain

 

西洋料理店『山猫軒』にやってきた紳士のひげを作りました。

f:id:pukapuka-pan:20171027170020j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027170119j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027170126j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027184420j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171028141615j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171028141809j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027184221j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027184256j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027184811j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027185053j:plain

 

紙袋を使って動物のお面を作りました。

f:id:pukapuka-pan:20171027185434j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027185554j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027185601j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027185803j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027190723j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027190736j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027190931j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027190941j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191134j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191253j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191316j:plain

 

手につけるお面です。

f:id:pukapuka-pan:20171027191601j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191633j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191657j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191714j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191727j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191808j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027191839j:plain

 

紳士が西洋料理店『山猫軒』を見つけたシーンをやってみました。セノーさんがなかなかいい雰囲気を出しています。そこに立っているだけで、物語が生まれます。

f:id:pukapuka-pan:20171027192336j:plain 

f:id:pukapuka-pan:20171027213642j:plain

 

 ひげとお面を作るだけで、これだけの物語が生まれました。これが「ぷかぷか」です。

 ここに来ると、歌が生まれ、人は踊り出し、物語がはじまる、あの広場がここにあるのです。

f:id:pukapuka-pan:20171027214835j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027214911j:plain

f:id:pukapuka-pan:20171027214946j:plain