ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

第4期みんなでワークショップがはじまりました。

 第4期みんなでワークショップがはじまりました。月一回集まって、6ヶ月かけて芝居を作ります。できあがった芝居は来年1月21日(日)にみどりアートパークホールの舞台で発表します。

 今期は宮澤賢治『注文の多い料理店』に挑戦します。もちろん原作を忠実に芝居にするのではなく、演劇ワークショップの中で作るので、どこまでも『注文の多い料理店・ぷかぷか版』になります。ぷかぷかさん達がいてこそできる、オリジナルな楽しい芝居ができあがります。

 『注文の多い料理店』はセノーさんが養護学校高等部の2年の時に、私が担当で舞台を作りました。作品の登場人物は紳士二人だけ、それにねこの声が入るくらいです。学年に30人くらい生徒がいたので、全員が舞台に立つために、いろいろ工夫をしました。セノーさんはその中で、顔にクリームを塗る場面の紳士の役をやりました。もう10年くらい前のことですが、セノーさんはしっかり覚えていて、今回、『注文の多い料理店』をやることを聞いて、ワークショップにはじめて参加することになりました。さて、どうなりますか…

 

 その初日。ネーム&アクションで自己紹介したあと、モンチさんと渡辺さんによるリズム遊びをやりました。

 「パン パン パン パン ぷかぷかパン」

を歯切れのいいリズムで表現します。歯切れはいいのですが、ぴょんぴょん跳び上がりながらやるので、息が切れました。

f:id:pukapuka-pan:20170820141158j:plain

 

www.youtube.com

 

 お互いの似顔絵を描きました。紙を見ないで、ひたすら相手の顔を見ながら描きます。紙を見ないので、どういう絵が描けているのか全くわかりません。でも、意外と相手の特徴を捉えた絵が描けるのです。

f:id:pukapuka-pan:20170820142036j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170820142045j:plain

あみちゃんが描いたコンノさんの似顔絵

f:id:pukapuka-pan:20170820142131j:plain

タカサキの描いたヒロシさんの似顔絵

f:id:pukapuka-pan:20170820142219j:plain

似顔絵を描いた相手にいろいろインタビューし、自己紹介ならぬ「他己紹介」をしました。

f:id:pukapuka-pan:20170820142501j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170820142514j:plain

 

注文の多い料理店「山猫軒」を経営(?)する山猫を体で表現しました。

f:id:pukapuka-pan:20170820142723j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170820142732j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170820142748j:plain

 

 体で形を作ることを演劇ワークショップの中では「ギブ・ミー・シェイプ」といいます。一人でやることもあるのですが、こうやってみんなでやることで、表現について学ぶだけでなく、お互いのつながりを作ります。

 今回は形を作っただけでしたが、これに動きをつけると、そこから簡単な芝居がはじまります。たとえば、この山猫のそばへ間抜けな人間がやってきました。山猫はどうするでしょう、実際に動きを作って下さい、と問題を出すと、そこから物語が生まれ、芝居がはじまります。

 これが演劇ワークショップの面白いところです。これがみんなでお芝居を作る、という意味です。ここにぷかぷかさん達がいると、ふつうの人たちだけの演劇ワークショップよりもはるかにおもしろい芝居ができあがります。

 

 

 今回も歌をたくさん歌いたいと、オペラシアターこんにゃく座のオペラ『注文の多い料理店』のDVDを見ました。オペラの前のソング集の中に「ボレロ」が入っていて、うまいなぁ、としみじみ思いました。こんにゃく座の歌のチカラみたいなものを感じました。

 『注文の多い料理店』10年くらい前の舞台でしたが、原作の言葉をほぼそのまま使っていて、面白い作品でした。

 

  二人のイギリスの兵隊のような格好をした紳士が鉄砲をかついで森の中をウロウロしているとき、ふと後ろを見ると立派な一軒の西洋造りの家がありました。

 玄関には

                  RESTAURANT

                  西洋料理店

     WILDCAT HOUSE

                    山 猫 軒

という札がでていました。オペラの中ではこんな歌が歌われます。

f:id:pukapuka-pan:20170820153134j:plain

 この歌を歌い、西洋料理店「山猫軒」を体で作ってみました。

f:id:pukapuka-pan:20170820154113j:plain

 

 注文の多い料理店「山猫軒」で散々な目に遭った紳士は、恐怖のあまり顔が紙くずのようになります。

  その顔をやってみました。

f:id:pukapuka-pan:20170820154644j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170820154733j:plain

 

そしてオペラの中の歌です。

f:id:pukapuka-pan:20170820153214j:plain

 

「東京に帰っても、お湯に入っても、もう元の通りには直りませんでした。」で物語は終わるのですが、こんな歌です。

www.youtube.com

 

今回の芝居の最後に宮澤賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」を歌おうかなと思っています。

f:id:pukapuka-pan:20170820155946j:plain

 今日初めて歌ったのでまだまだという感じですが、それでもみんなすぐに覚えたようでした。

www.youtube.com

 

さて今期はどんな芝居に仕上がるのか、楽しみにしていて下さい。