ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

こんなにも一つずつの関わりが、プラスの意味を持ち、あたたかみを感じる事ができ…

 お客さんからステキな感想が送られてきたので紹介します。お客さんがどんなふうにぷかぷかを楽しんでいるかがよく見えます。

●●●

先日ぷかぷかに行った時の事を、お伝えしたくてメールさせて頂きました。
その日は娘の誕生日でした。
最近なかなかイベントにも参加出来ない為、ぷかぷかさんのおひるごはんも気になっていたので、下の子も一緒に、とりあえず久しぶりに行ってみることにしました。
うちは緑区とは少し離れている為、ホームページで7月下旬オープン、とは見ましたが、その日やっているのかも特に確認しないまま、もし入れなくても、おひさまの台所でお弁当買って食べてもいいし、とにかく行きたくて行きました。

まず郵便局に用があったので、ぷかぷかさんのおひるごはんを通り過ぎて行くと、ちょうどお昼を食べに行くぷかぷかさん達とすれ違いご挨拶すると、ゆみさんが子ども達の事を覚えて下さっていていつもの様に話かけて下さいました。
郵便局に行くと、窓口の方々が子供達に話しかけて下さり、娘が自ら今日が誕生日だと言ったら、郵便局の方々がすぐ「何かあげられるものないかな」と探して、お菓子の入った袋を下さいました。娘は思いがけないプレゼントに喜んでいました。その方々のお人柄ももちろんあるのでしょうが、あたたかさを感じ、ぷかぷかさんが耕してるって事なんだなと思いました。

そして、ぷかぷかさんのおひるごはんに行き、メニューを確認し、下の子がどの位食べられるかわからなかったので、おひさまの台所でお惣菜を買わせて頂き、パン屋さんにも行くと、また娘が自ら今日が誕生日だと言い、柿澤さんのお声掛けにより、辻さんにハッピーバースデートゥーユーを歌って頂きました。後から気づいたのですが、動画を撮らせて頂けたら撮らせて頂いて、思い出に残しておきたかった時間でした。
あと、以前ワークショップに参加した際、わんどの入り口にあったフウセンカズラの種を娘が柿澤さんに頂いて、うちで植えたら今ちょうど花が咲いているので、そのお話もさせて頂きました。
そうこうしているうちに、あと10分で14時という時間になってしまい、やっとぷかぷかさんのおひるごはんに。ゆみさんにまたお会い出来たので少しでしたがお話させて頂けました。時間も遅かったですし、子供を見ながらだったので、ぷかぷかさん達とゆっくり食べられず残念でしたが、次回は主人も連れて行き、皆さんと楽しくごはんが食べられたらと思います。
また、その日いらしたスタッフの方が、表現の市場の時、出口で、娘が製作に関わったモデルさんを持って下さっていた方でした。
その後、わんどにも寄らせて頂き、娘が選んだヘアゴムのお会計の応対に来られたあさのさんが「これ、私が作りました」と教えて下さいました。

文書を書くのが苦手でうまく言えませんが、こんなにも一つずつの関わりが、それだけでは終わらないというか、プラスの意味を持ち、あたたかみを感じる事ができ、私達親子にとって本当に良い1日となりました。
娘の誕生日なのに、すっかり自分が嬉しい気持ちになって帰ってきました。
住んでいる所は離れていますが、いつでも皆様があたたかく迎えて下さる事が嬉しいです。ぷかぷかさん、スタッフの方だけでなく、郵便局の窓口の方、そのお客さん、道ですれ違ったご年配の男性、その地域の雰囲気もとても優しく感じられました。

娘が帰り際「まだ知らないぷかぷかの人いるー」と言っていました。またおひるごはんを食べに、ぷかぷかさんに会いに行きたいと思います。またイベントにも参加させて頂きたいと思います。

 このお母さんが感想を送ってくれました。

f:id:pukapuka-pan:20170818152217p:plain