ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

あのキラメキ、又感じたかったな

 昨日紹介した「注文をまちがえる料理店」の話、 注文をまちがえずに持ってくると、ちょっと残念な気持ちもあったというお客さん。

 

【女性客】注文どおりでした!ほっとしたけれど、ちょっとザンネンな気も・・・(笑)

 

 昨年の演劇ワークショップ、本番前日のリハーサル、みんなの「生きる」を蹴散らす「むっつり大王」をやっつけるべくショーへーさんはいつもお母さんに電話するように電話口で

 ♩おひさま〜が りんごの〜 はっぱをとおして ひ〜かる〜♩

と、やさしい歌を歌う予定でした。みんなそのつもりで待っていたのですが、ショーへーさんが歌ったのは、なんと、やっつけるべく「むっつり大王」の暗い歌でした。

 ♪ つかれ〜た つかれ〜た すっかり つかれ〜た… ♪

  みんな「どっひゃ~」って崩れ落ちそうになりましたね、あの時は。誰もが明日の本番、どうなっちゃうのか、マジに心配しました。

 

  ショーへーさんはオウム返しの返事の多い方で、明日はおひさまの歌を歌って下さい、というと、

「はい、わかりました」

と、まじめに返事をするのですが、どこまでわかったのかは当日にならないとわかりません。

 そして本番当日、みんなドキドキしながらショーへーさんの歌を待っていました。

 「もしもし、お母さん、今日は ♪ おひさま〜が りんごの…」

と、予定通りの歌をちゃんと歌ったのです。本来喜ぶべきことなのですが、「注文をまちがえる料理店」のお客さんのように、なぜか、ちょっと残念な気もしたのです。

 あの場にいた人は感想にこんなことを書いていました。

 

 あのキラメキは あそこにいたみんながキュッと感じたのではないでしょうか?リハで感じた、あのキラメキ、又感じたかったな。「どうなっちゃうの?」「誰がどこに導くの?」「じゃあみんな、どこに導かれて行っちゃおうか?」どこに流れつくか、ぷかぷかの醍醐味、見たかった、見せたかったな。

 

 あの「キラメキ」こそが、彼らと一緒にいる理由だと思います。間違いをそんなふうに楽しめる感覚、余裕こそ、大事にしたいと思うのです。

 物事は予定されたものから外れたときこそ、わくわくするような、緊張感あふれる新しい物語がはじまります。そういったものをどこまで楽しめるか、ですね。

 「注文をまちがえる料理店」のお客さんも、多分、まちがえることで生まれるわくわくするような、新しい物語を待っていたのだと思います。

 そしてその物語に「誰もがいまよりもちょっと呼吸のしやすい世界の姿」があるような気がするのです。ハンバーグの注文が「餃子になっちゃったけど、別にいいよね」って。

 

 演劇ワークショップの記録映画、6月17日(土)みどりアートパークで上映します。わくわくするような物語がよく見えます。 

f:id:pukapuka-pan:20170513135328j:plain