ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ぷかぷか言葉」

  スタッフの1年生になる子どもが学校で、「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ふかふか言葉」、「人を傷つけてしまう言葉、悲しい言葉」は「ちくちく言葉」と習ったそうです。

 ところが、家に帰ってお母さんに「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ぷかぷか言葉」、「人を傷つける言葉、悲しい言葉」は「ちくちく言葉」って、報告したのだそうです。

f:id:pukapuka-pan:20170502190516j:plain

 

 「ふかふか」と「ぷかぷか」を間違えたとはいえ、「人に優しい」あるいは「あったかい」と聞き、「ぷかぷか」が思い浮かんだことは、なんだかすごくうれしい気がしました。

 

f:id:pukapuka-pan:20170503000720p:plain

f:id:pukapuka-pan:20170503000731p:plain

 

 パン教室でこんな体験をした子どもだからこそ、「人に優しい」あるいは「あったかい」は、そのまま「ぷかぷか」だったのかも知れません。