読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

希望を感じさせる舞台

 先日、ダイちゃんが日本フィルハーモニーのイベントにチェロ奏者江原さんとコラボを組んで参加しました。「音楽図鑑」と題したリレーコンサートです。

f:id:pukapuka-pan:20170301223811j:plain

 

 リハーサルをみてびっくりしました。みんなすごい演奏なのです。ま、みんなプロですから、当たり前といえば当たり前ですが、それにしても、と思うくらいすごい演奏でした。

f:id:pukapuka-pan:20170301222855j:plain

 

 よくある「ふれあいコンサート」のような、障害者がちやほやされるようなイベントではありません。演奏するところはプロの力量全開の舞台でした。そんな舞台にダイちゃんは立ったのです。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 江原さんはダイちゃんを紹介するとき「障害者」という言葉をひとことも使いませんでした。ふつうの太鼓奏者としてコラボを組んでいました。ここがすごくいいなと思いました。

 相模原障害者殺傷事件は障害者と健常者がもっとも不幸な形で出会いました。

 江原さんとダイちゃんのコラボはもっとも幸福な形で出会っています。ここには希望があります。その気になればこういう出会いはいくらでもできます。表現の市場のぷかぷかの舞台を見れば、そのことはすぐにわかります。要は、私たちにその気があるかどうかです。

 江原さんはワークショップにゲストとしてチェロを演奏しに来て、そこでぷかぷかさんたちと出会い、ぷかぷかとのおつきあいが始まりました。その中でダイちゃんと出会い、その結果がこの舞台です。

 本当に希望を感じさせる舞台です。その希望をこれから様々な形でふくらませたいと思っています。