ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

人の心のドアをノックしに行く感じの映像になれば

 昨日の日記に「心がほっこりするような映像のメッセージができたら、と思っています。」と書いたら、映像を作っている信田さんからこんなメールが来ました。

 

●●●

タイトルに「ほっこり」という言葉を使われていますが
「ほっこり」には「ほっとする」というイメージが強いように思います。
今回の映像はもう少し見た人の心の中に「染みこんでいく」感じになれば良いなと思います。
オーヤさんや僕が体験したような「感染」を映像で起こせないかという感じで
「ほっこり」というより(そういう側面ももちろんあるのですが)人の心のドアをノックしに行く感じになれば思っています。
●●●
 
 「感染」というのはぷかぷかウィルスに感染した、という意味です。
  最初に「ウィルスに感染した」という言葉を使ったお客さんの話。
 
●●●
子供2人を連れてカフェでランチを食べていました。お客さんは私の家族と他にもう一組だったかと思います。

お天気も良く明るくゆったりとした空気の中で

「おいしいねー」

「もう1回チョコパンとチーズのパンおかわりしたい」

などと子供と話をしていました。

 そしたら厨房の小窓のカーテンが急にシャッ!と開き、ニコニコ笑顔にマスクの方が

「おいしいかい!?」

と聞いてきました。

 一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、とっさに

「美味しいです!」

と負けじと大きな声で答えました。

 その方は、そうだろうと言わんばかりにニコニコのまま

「フフ〜ン」

と笑い、カーテンを閉めました。

  多分10秒程のできごとでしたが、この思ってもみない楽しいやりとりで、また食べに来ようと思いました。

 ぷかぷかウィルスに感染したのは、多分この時だと思います。

●●●

 

 去年プロモーションビデオを作った中島さんもウィルスの重症患者ですと自分でおっしゃってました。信田さんもぷかぷかに通っているうちにどうも感染したらしいのです。そして今回、その「感染」を映像で表現したい、というわけです。

 ますます楽しみになりました。

 

 信田さんがすごいなと思うのは、そういった映像こそが、相模原障害者殺傷事件へのメッセージになる、と言っていることです。昨年、瀬谷区で障がいのある人たちのグループホームの計画が、住民の反対運動でつぶされてしまいました。「障害者はここに来るな」と言っている人たちの心のドアをノックするような映像になるなら、それこそが相模原障害者殺傷事件へのメッセージになります。

 あらためて信田さんはすごい仕事をやろうとしているのだと思いました。