読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

殺風景だった通路が、心あたたまる通路に変身

  藤が丘駅前の大きな自然食品店「マザーズ」の壁をぷかぷかさんたちの絵で飾ろうと思っています。駅前の通路に面した壁です。

  藤が丘の駅前から見て正面の太い柱の左側の面に「え?なに?あの絵、面白いじゃん」て思えるような思いっきり楽しい絵を飾ります。駅前からお客さんを引っぱってくるのです。左側奥に延びる通路の壁に絵を飾ります。

f:id:pukapuka-pan:20170216000226j:plain

 今日は、自然食を象徴する野菜の絵を描きました。

 長ネギくん

f:id:pukapuka-pan:20170216000645j:plain

 ブロッコリーさん

f:id:pukapuka-pan:20170216000714j:plain

 ジャガイモくん

f:id:pukapuka-pan:20170216000720j:plain

カボちゃん

f:id:pukapuka-pan:20170216000723j:plain

ゆずくん

f:id:pukapuka-pan:20170216000727j:plain

長いもさん

f:id:pukapuka-pan:20170216000730j:plain

 

 こんな楽しい絵が飾られます。

 

 先日、ぷかコレ秋のファッションショーのモデルのお姉さんたちを飾ってみました。通りかかったお客さんが「や〜、楽しい!何が始まるんですか?」なんて言ってました。

f:id:pukapuka-pan:20170216000945p:plain

 

 カフェの壁を飾っていた春の絵も飾ってみました。今日はこの絵に季節が更に進んで、すっかり春らしくなりました。

f:id:pukapuka-pan:20170216001058p:plain

上の絵が春に!

f:id:pukapuka-pan:20170215130015j:plain

 

 殺風景だった通路が、ぷかぷかさんたちの絵を飾ることで、思わずニッと笑ってしまったり、心あたたまる通路に変身します。ぷかぷかさんたちの絵は、窮屈な社会の中で、ガチガチにこわばった心と身体を、ふっとゆるめてくれます。

 一ヶ月か二ヶ月ごとに絵を変えていきます。通路を通る人たちが絵の変わるのを楽しみにし始めます。頃合いを見て、ライブペインティングをやります。通りがかりの人も参加できるようにします。ぷかぷかさんと一緒に絵を描くのです。ぷかぷかさんといっしょに生きる、そんな街がここから始まります。

  こんな絵が街にあると楽しいね、っていう声が出てきます。そんな声が、こんな絵を描く人が街にいるといいよね、っていう思いにつながっていくといいなと思っています。

 こういったことを積み重ねることで、相模原障害者殺傷事件を起こしてしまった社会を超えることができるように思うのです。