ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

人間が生きることの「凄み」のようなものを感じていました

 NHKラジオ深夜便で「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいい」といったことをしゃべったのですが、その言葉が衝撃だったという方が愛知県から訪ねてきました。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 その後、その方がパン屋で一日「ぷかぷかさん」たちと働く体験をし、ワークショップに参加し、なんと「ぷかぷかさん」たちといっしょに舞台に立ちました。すばらしい感想を送ってきましたので紹介します。

 

 

この1ヶ月本当にお世話になりました。中身の濃い充実した1ヶ月でした。そして思いもかけぬ1ヶ月でした。

まさか自分がメンバーさん達と共に舞台に立つなんて!人生何が起こるか分かりませんね。でもとてつもなく楽しい経験でした。

今回自分自身感じた一番大きな変化を書きます。

それはステージに立つ彼らの姿を観ていた時です。

それまでにも障害のある方のパフォーマンスをテレビで見たことはありました。しかしながら僕はそういった映像を見るときどこか居心地の悪さを感じていました。どういう風に見たらよいか分からずとまどってしまうのです。

しかし今回、生で彼らのパフォーマンスを見たとき全く違う印象を受けました。

「なんてカッコいいんだ!」

素直にそう思ったのです。軽い嫉妬すら感じるほどに。

その時、彼らを「障害者」として見ていなかったのです。ただ人間が生きることの「凄み」のようなものを感じていました。

身体を大きく揺らしながら朗々と「愛の讃歌」を歌う辻さん、見事な太鼓を披露してくれたアラジン大ちゃん、自分の壁を自分で壊す姿をありありと見せてくれたはっぱオールスターズ、電動車イスの上で身をよじらせながら魂の叫びのようなシャウトを聞かせてくれたラブエロピース。

その後、ぷかぷかメンバーさん達と舞台に立つ上での大きな励みになりました。そしてこの先、自分自身生きていく上での勇気を貰ったようにも思います。

彼らが自由に伸びやかに生きられる社会は、きっと「健常者」とよばれる人にとっても生きやすい社会だと思います。

自分もどんな些細なことでも、そのお手伝いができればと思いました。

また遊びに行きます。本当に有り難うございました。

 

 

 ラジオ深夜便の言葉を聞いて衝撃を受けた方が、ぷかぷかに来て、一緒に仕事をし、いっしょにワークショップをやって、ここまで変わった、ということです。障がいのある人たちとのおつきあいの仕方一つで、そこにかかわる人がこんなふうに変わるということです。

 相模原障害者殺傷事件はとても大きな問題で、何から手をつけていいのかわからないほどです。でも、大きな問題を大きな問題のまま語るよりも、こうやって一人の人間が深いところで変わることを丁寧に実践する方が、確かな形で希望を作り出す気がします。