ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

社会全体のあり方をも問うような

 12月12日(月)10時から団地集会室(パン屋の前)で辻さんの「見当違いの努力」の話を聞く集まりをやります。20名くらい入るといっぱいのスペースで、もう15人ほど埋まっていますが、あと5人くらいは大丈夫です。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 花岡さんがこの集まりを紹介してくれています。

ameblo.jp

 《どうにかこうにかして社会に…と苦しい思いをしているお母さんの気持ちが少しラクになるのではないかと思いました》

 とありましたが、「見当違いの努力」から解放されると、本当に気持ちが楽になると思います。結局のところ、この努力の視線は障がいのある人たちのことを見下していて、努力せなあかん、みたいなこと言ってるわけで、社会の視線そのものです。辻さんの気づきは、その視線はおかしいんじゃないか、という問題提起です。それは社会全体のあり方をも問うようなすごい問題提起だと思います。

 

 集まりに参加希望の方はメールでお問い合わせください。

 pukapuka@ked.biglobe.ne.jp