読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

『セロ弾きのゴーシュ』背景画を描きました。

 ワークショップで作っている『セロ弾きのゴーシュ』の背景画を描きました。アートディレクター金子さんの発案で、『セロ弾きのゴーシュ』の文章をそのままいろんな人が描きました。いろんな字があって、もうこれ自体でアートになっていました。

 こうやって寄ってたかってみんなで描きました。

f:id:pukapuka-pan:20161130112040j:plain

 

完成したのがこちら

f:id:pukapuka-pan:20161130170516j:plain

 

力強い出だし

f:id:pukapuka-pan:20161130170527j:plain

 

「じつはなかまのなかではいちばんへたでした」が、途中で描けなくなって、横に行ってしまうところが楽しいです。

f:id:pukapuka-pan:20161130170840j:plain

 

「トランペットはいっしょうけんめいうたっています。バイオリンも二いろ風のようになっています。クラリネットもボーボーとそれにてつだっています。」のところはまるで「オペラシアターこんにゃく座」のオペラが聞こえてきそうな文字です。

f:id:pukapuka-pan:20161130171643j:plain

f:id:pukapuka-pan:20161130171648j:plain

 

「楽長がどなりました。セロがおくれた」に対する「みんなぴたり曲をやめてしんとしました」の文字が、その時の雰囲気をとてもよく表現しています。

f:id:pukapuka-pan:20161130172847j:plain

f:id:pukapuka-pan:20161130172855j:plain

 

「こまるなあ」の「な」の字が素晴らしい

f:id:pukapuka-pan:20161130173133j:plain

 

「ぼくはきみにドレミファをおしえてまでいるひまはないんだがなあ」の「あ」を描くスペースがなくて、上の方に「あ」だけ描いていました。この辺がなんとも律儀で楽しいですね。

f:id:pukapuka-pan:20161130173913j:plain

f:id:pukapuka-pan:20161130173948j:plain

 

「…水をごくごくのみました」 文字は背景画のバックにして、その上に絵を貼り付ける予定でしたが、絵を貼り付けるにはもったいないくらいの文字をみなさん描いてくれたので、絵をどうしようかと考えています。

f:id:pukapuka-pan:20161130174830j:plain