ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

クリームパンを買いに来たのがきっかけで…

 いつも子どもと一緒にクリームパンを買いに来ているオーヤさんが先日のワークショップに参加した感想を書いてくれました。

●●●

 前半、二人組みになって表現する際、「ランドセル」、「箸と箸おき」のお題がでました。
私が頭に浮かんだものは1パターンで、これ以外表現しようがないよな〜。
なんて思いながら、他のチームをちらっと見ると、びっくり!!!
色々な形でお題を表現していき、自分の頭の固さが嫌になった瞬間でもあり、皆なに早く追いつきたいと感じたりもしました。
表現の楽しさを感じるにはまだ遠い道のりですが、表現する自由の幅広さを実感した今回のワークショップでした。
それから、歌を思いっきり歌っている時は本当に気持ち良かった〜。

娘二人は参加しているのか参加していないのか分からないけど、愚図ったりしないから良しとしよう。
なんて思っていたのですが、途中途中の歌で、口ずさんでいたのにはビックリ。
子供なりのペースで参加してるんだな〜って思いしらされました。
これも、けーぼーさんをはじめ、色々な方が、娘二人の面倒をみてくれたおかげだと。

また次回、どんな感想が書けるのか楽しみです。

f:id:pukapuka-pan:20160924220159p:plain

f:id:pukapuka-pan:20160924220207p:plain

●●●

 少しずつ少しずつ自由になっていく感じがよくわかります。

《歌を思いっきり歌っている時は本当に気持ち良かった〜》

とありますが、ふだんの暮らしの中では、歌を思いっきり歌うなんてことはありませんから、なおのこと新鮮な体験だったのだと思います。

《本当に気持ち良かった〜》

という開放感あふれる言葉がいいですね。

 子どもが歌を歌っていたことにびっくり、とありますが、うちの子どもは昔、保育園の送り迎えの際、車の中でオペラ『セロ弾きのゴーシュ』を毎日かけていたのですが、いつの間にかゴーシュのオペラ(1時間20分くらいの作品)を全部覚えてしまい、舞台を見に行ったとき、大声で歌っていたことがあります。子どもって、そんなもんです。大人が感じる以上に世界を感じ、吸収しています。

 

 ぷかぷかに子どもと一緒にクリームパンを買いに来たことがきっかけで、こんなワークショップを体験し、少しずつ自由になり、新しい自分を見つけていく、というところがおもしろいですね。

 そういえばぷかぷかのプロモーションビデオの中で

《 以前は上から目線で彼らのこと見ていましたが、彼らとおつきあいしているうちに、普通に見ることができるようになりました。私も彼らに耕されたんだと思います。》

と、おっしゃっていて、すごくうれしかったですね。こんなすばらしい言葉を口にできるのも、クリームパンのおかげです。

 

 それから先ほどメールで「あした『不思議なクニの憲法』見に行きます」と連絡がありました。これもうれしかったですね。私の送った案内に、オーヤさんの心に届く言葉があったのかなと思いました。お父さんに子どもの面倒を見てもらって、お母さん一人で見に来るみたいです。お父さんが見る機会も作ってあげたいなと思いました。

takasakiaki.hatenablog.com