ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

まだまだできることがあります。

昨日テレビでもこの集会を伝えていましたが、「まずは私たちの声を聞いて欲しい」という発言が心に残りました。「うわべの優しさ」が事件を引き起こした、という指摘もありました。

www.kanaloco.jp

 

上から目線のつきあいに、こういう批判も出ています。

http://mainichi.jp/articles/20160915/ddm/041/040/142000c

 

2年前、脳腫瘍で亡くなったしんごっちのことをぷかぷか日記に何度か書いたことがあります。その記事を読んだ地域の方が、「何かをやってあげる」という関係から変わっていったことを書いていました。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 顔が思い浮かぶような関係を作ろう、というすばらしい提案もあります。

http://mainichi.jp/articles/20160905/ddm/041/040/083000c

 

 相模原障害者殺傷事件を超えるために私たちはまだまだできることがあります。そのことをもっともっと考えていきたいと思うのです。

 10月22日(土)ぷかぷか秋のマルシェではみんなで作ったこんな素敵なわけありモデルさんと一緒に地域の人たちが参加する楽しい仮装パレードを計画しています。みんなでこんな楽しいことをたくさんすることが、「何かをやってあげる」上から目線の関係を超えることであり、相模原障害者殺傷事件を超えることだと思います。

f:id:pukapuka-pan:20160922150434p:plain