読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

人は誰でもそのままで生きていていい

 近所の方から素敵な話を伺いました。

 

●●●

【ツジさんと鶴さんのおはなし】


先日、こどもたちとぷかぷかパン屋さんに行きました。

『あ!今日はツジさんいたよ!』

こどもたちがお店をのぞいて、うれしそうに走っていきました。
こどもたちも私も、ツジさんが外販でいらっしゃらないときは、とてもがっかりするのです。

お店に飛び込んでいったこどもたちはまず、パンを選ぶ前に、ツジさんを囲んでニコニコ。

ツジさんは、いつものように
『マダガスカル   クロアチア  ・・・』
国名を言いながら、てきぱきと働かれていました。

店内には、他にお客様がいらして、
コーヒーを飲んでおられました。

『スペイン  マドリード ・・・』

ツジさんの国名のおしゃべりの中、先ほどのコーヒーのお客様と私は、目が何度もあいます。

その表情から 私がツジさんのおしゃべりに驚いているか、すこし心配されているのかな、と思いました。

そのとき、コーヒーのお客さまが
スタッフの鶴さんに声をかけられました

『(・・・)訓練した方がいいんじゃない?』

全部は聞こえてこなかったので不確かなのですが、

『訓練』

という言葉は、まっすぐ聞こえてきて、
おもいっきり反応してしまい、

思わず、
『訓練してほしくないです!わたしたち、ツジさんが大好きなんです。会いに来ているんです。訓練・・・してほしくない。』

と、口をはさんでいました。

久しぶりに聞いた『訓練』という言葉に、ちょっとカチンときたのです。

そうしたら、
スタッフの鶴さんは、
何も動じずに、こうおっしゃったのです。

『ツジさんにおしゃべりをやめて。と言うのは、ツジさんに息を止めて、ということと、同じことなんです。』

『訓練は無理です。』

『それに、ツジさんの声は、とてもいい声だから、α波というのかしらね、聞いていて、とても気持ちがいいんですよ』

『お客様からクレームもありませんよ』


コーヒーのお客さまが、お話されることに鶴さんは、丁寧に応えています。

そのあと、コーヒーのお客さまは、ツジさんにもお話をされていました。

ツジさんは、『はい!』と元気いっぱいの返事。


『はい!』(そのとおりです!)
(もう、その話は、おわりです!)

そんな風に聞こえました。

コーヒーのお客さまはもう、何も言われませんでした。

そのやりとりの様子を、こどもたちは、じっと見つめ、じっと聞いていました。

レジに行くと、
ツジさんはいつもよりも はりきった感じで
『760円です!』

トレーの上のパンの代金をあっという間に計算して教えてくれました。

そして、ツジさんは
すこし、笑ったお顔で、言われました。

『チキルーム✨』

『はい、魅惑のチキルームですよね。』

ツジさんが歌う魅惑のチキルーム。

大好きです。

ツジさんがぷかぷかマルシェで披露された歌声。

ツジさんの生きている世界は、
『魅惑のチキルーム』みたいに
陽気で楽しくて、
みんながしあわせな世界なんだなあって
感動したことを思い出しました。


胸がいっぱいになりながら、
こどもたちとぷかぷかパン屋さんを出て
空を見上げました。

ぷかぷかのご近所に暮らせていることに
誇りを感じました。

そして、胸がいっぱいになるほどの幸せを感じました。

人は誰でもそのままで生きていてよくて

誰からも「訓練」されることなんて必要なくて

きもちよく生きているその姿は、
みんなの幸せにつながっている


鶴さんの言葉

ツジさん、とっても嬉しかっただろうなあ

コーヒーのお客さまもいいパスをしてくれて、すごいタイミングにお店にいることができて

ほんとうにラッキーだなあって思います

ぷかぷかさん

ここに居てくださることが
私たちの幸せです


ツジさんが歌う
魅惑のチキルームが、いま、わたしの頭の中を流れています。


●●●

 

社会はこうやって、少しずつ少しずつ変わっていくのだろうと思います。

近所の方と、スタッフと、ツジさんの対応がすばらしいですね。

ぷかぷかが街の中にあることで、どんなことが起こるのか、そのことが社会の中でどんな意味を持つのかがよく見えます。

「障がいのある人たちは社会に適合できるように訓練した方がいい」という考えが、社会の中で圧倒的な力を持つひとつの「文化」だとすれば、近所の方とスタッフ、ツジさんの対応から見えてくるのは、「訓練なんかしなくていい」という、もう一つの新しい「文化」だと思います。「文化」といっていいほどの、人の新しい生き方の提案。

「人は誰でもそのままで生きていていい」という文化。

「それぞれがきもちよく生きているその姿は、みんなの幸せにつながっている」という文化。

ぷかぷかは今、それをこの街で創り出しているのだと思います。

f:id:pukapuka-pan:20160602123305p:plain