ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

タカサキはチキンカツ者

 「チキンカツ者」が気に入って、それを頼んでみました。できあがったのがこれ。

f:id:pukapuka-pan:20150910165718j:plain

 丁寧に作ってあって、すごくおいしそう。でも、これは「チキンカツ者」ではなく、「チキンカツもの」だなと思いました。「者」と「もの」はやっぱりちがう感じがします。その違いはなんなんだろう。どうしてできあがったものを「チキンカツ者」ではなく「チキンカツもの」と感じたんだろう。

 そこを丁寧に追いかけていくと、これはやはり歌舞伎役者のような派手なイメージが湧いてきます。「チキンカツ者」。そそっかしくて、自己主張が強くて、それでいて街に一人ぐらいいてもいいような、そんなイメージ。「タカサキはチキンカツ者だよ」なんて言ってみると、なんとなくイメージが湧いてきます。

 

 こうやってどうでもいいことを考えるのがすごく楽しいですね。どうでもいいことだからこそ、こういうところから思ってもみない新しいものが出てきたりします。クリエイティブな思考のトレーニングです。「タカサキはチキンカツ者だよ」なんていい方も、うまく言葉では説明できないけれど、それでいて、なんとなく伝わるイメージ。タカサキはやっぱりチキンカツ者ですね。

 

 それにしても「ったく、もう」とか言いながらも嫌な顔一つせず、「チキンカツ者」にトライし、おいしそうな「チキンカツもの」を作ってくれた厨房スタッフに感謝感謝です。今日の晩ご飯のおかずに買っていきます。

 そうそう、「チキンカツ者」と最初に書いてくれたモモコさんに感謝です。モモコさんのおかげでこんなに楽しいことを考えることができました。本当にありがとう!

 見たときからなんとなく気になっていた「チキンカツ者」は、要するにタカサキのことだったということがここまで書いてようやくわかったというお話でした。