ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

小さなマス目の絵をどうやって結びつけるのでしょう

「おしゃべりな森・ワークショップ」をやった金子さんが今度の土曜日(12日)に、また楽しいワークショップをやります。

 今度は大きなクジラをみんなで描きます。こんなクジラです。

f:id:pukapuka-pan:20150907164909j:plain

 

 この小さなマス目にそれぞれが好きな絵を描きます。それが合わさると、こんなに楽しい、みんなの夢を載せたようなエネルギッシュなクジラができあがります。

 小さなマス目に描き込んだ絵には小さな物語があります。その小さな物語が集まると、大きな物語になり、大きなクジラに息を吹き込みます。

 前回「おしゃべりな森・ワークショップ」の時は、それぞれの描いた森の絵を結ぶものとして「道」があり、「宝物」がありました。

 さて今回、小さなマス目の絵をどうやって結びつけるのでしょう。みんながばらばらに描いた絵を結びつけ、大きなクジラに息を吹き込む仕掛け。なんだかわくわくしますね。ここがワークショップのおもしろいところです。みんなでやることで、思ってもみない新しいものが生まれます。

 さてどうやって小さな絵を結びつけるのでしょう。

 あ、おもしろそう!って思った方はぜひおいで下さい。みんなで大きなクジラに息を吹き込みましょう。

 申し込みはpukapuka@ked.biglobe.ne.jp 

 もしくは電話 045-923-0282 アート屋わんど