ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

どこかで必死になる部分が…

 昨年、まーさん連れて飯田までワークショップをやりに行くきっかけを作ったのがこのチラシ。

f:id:pukapuka-pan:20150731002624p:plain

f:id:pukapuka-pan:20150731002645p:plain

 

 デフパペットシアターひとみの稽古場にまーさん連れて行った時に、このチラシを見てしまったのです。それが物語のはじまりでした。

 ワークショップやって、本番の舞台にデフパペの人たちと一緒に立つ、という企画です。もう血が騒ぎましたね。だからまーさんと一緒に飯田までいけたんだと思います。

 もちろんまーさんをなんとかしたい、という思いはありました。でも、そういう思いと一緒に、私自身の中に「血が騒ぐ」ようなものがあったからこそ、一緒に舞台に立てたんだと思います。

  「舞台に立つ」って、そういうことだと思います。どこかで必死になる部分が自分の中にあること。舞台って、だから好きです。