ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

夢を載せたトラック

 昨日、朝9時過ぎにみどりアートパークに着いたのですが、舞台では『ロはロボットのロ』の仕込みの真っ最中でした。舞台いっぱいに広げられた照明器具の多さにびっくり。

f:id:pukapuka-pan:20150720130529j:plain

 

 この照明器具が3列にわたってつり下げられていました。数にして50個くらいはあった気がします。これを歌役者たちが一個一個つり下げ、角度を調整していました。力と根気のいる仕事です。私みたいなやわな人間は、見てるだけで疲れが出てきました。

 

 こんな大道具もあります。

f:id:pukapuka-pan:20150720140008j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150720130545j:plain

 

小道具や衣装もあります。

f:id:pukapuka-pan:20150720130742j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150720130853j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150720130923j:plain

 

 ひとときの夢の世界を紡ぎ出すこれらの仕掛けをすべて1台のトラックで運んできました。

 朝、舞台の仕込みの様子を見て、片付けるのも大変だろうな、と思っていたら、なんと1時間足らずでトラックの荷台に片付けていました。プロですね、彼らは。

f:id:pukapuka-pan:20150720131527j:plain

 

衣装もすぐに洗濯します。彼らは洗濯機を持って旅しています。会場の下見の時に真っ先に聞いたのは、洗濯する場所はありますか?でした。

f:id:pukapuka-pan:20150720131705j:plain

 

トラックの一番後ろにつるして、このまま乾かしながら今夜じゅうに豊橋まで行くそうです。

f:id:pukapuka-pan:20150720131741j:plain

 

 あれだけの荷物を1時間足らずで片付けた若い劇団員たち。舞台に立って、すごいエネルギーを使う仕事をしたすぐあとに、休むことなく片付けの仕事をやってのけた彼らには本当に頭が下がりました。片付けの時間を削ることになる「握手会」にも、いやな顔一つせず応じてくれたみなさんに本当に感謝!です。

f:id:pukapuka-pan:20150720132019j:plain

 

夢を運ぶトラック

f:id:pukapuka-pan:20150720132333j:plain

 

ボディの横には

f:id:pukapuka-pan:20150720132410j:plain

 

 運転席の後ろにはこんなかわいい人形が

f:id:pukapuka-pan:20150720132448j:plain

 

 

 もう20年以上、こんにゃく座を追いかけていますが、舞台の裏でこんな努力をしていたことを、恥ずかしい話、始めて知りました。彼らを見直しましたね。ますますファンになってしまいました。

 機会があればまた夢を運んできて欲しいですね。

 オペラシアターこんにゃく座のみなさん、本当にありがとうございました。