ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

『ロはロボットのロ』稽古場

 オペラシアターこんにゃく座の出している「オペラの細道」に『ロはロボットのロ』の稽古場の様子が書かれていて、とても面白いので、紹介します。

 

 鄭(ちょん)さん(『ロはロボットのロ』の作者、演出家)の稽古場は高温多湿です。大量の汗と、笑い、叫び、そして涙。何回も何回も繰り返します。理屈は言わないし、言わせません。とにかく役者を動かす。ちょっとでも余裕を見せたが最後「はい、すんません、すんませんね、もっと箒振ってぇ!もっと足つかってぇ!」「演劇に省エネなしね!」「やっぱり芝居はアナログがいいねぇ」と大笑いして、無理難題を課します。

f:id:pukapuka-pan:20150618185418j:plain

 

 鄭さんの稽古場はどんどん変わっていきます。初演の時は「軽井沢に住んでいる作家の先生がこう書いてるけど…」と言いながら、稽古場でその人にあう台詞に代えていくのです。つまり、作家として台本を書いている鄭さんと、演出家として稽古場にいる鄭さんは別人になるらしいのです。毎日の稽古で常にその役者にあう新鮮さを追求していくのです。つまり、一瞬がおもしろくてもだめなのです。本当のおもしろさが追求されます。鄭さんの稽古場は約一ヶ月13時から21時までみっちりやります。鄭さんは決して休みません。

f:id:pukapuka-pan:20150618185331j:plain

 

 この春のシーズン、「ロはロボットのロ」の稽古と同時に、「ネズミの涙」チーム(鄭演出)、「ピノッキオ」チーム(伊藤多恵演出)が稽古しています。三つともに鄭さん、多恵さんが関わっているという恐ろしい状態。いやいやいや、三つとも萩京子作曲の作品です。萩さんも稽古場では音楽監督として大忙しです。

 というわけで、いつもは本公演のみの稽古場にいろいろなチームが入り乱れ、大変にぎやかなことになりました。キャストは微妙にダブルキャストですから、稽古も倍必要ですし、裏方スタッフにネズミ組が入っていたり、めちゃくちゃです。

 でも、大丈夫!鄭さんは逆境に強いのです!すごいものができる予定です。乞うご期待!

                               (岡原真弓) 

f:id:pukapuka-pan:20150618185552j:plain

  

 

 7月19日(日) 午後2時より、みどりアートパークホールで『ロはロボットのロ』の公演があります。チケットはカフェベーカリーぷかぷか(横浜市緑区霧ヶ丘3丁目25−2−203 電話045−921−0506)もしくはみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号 電話045−986−2411)

 子どもたちにオペラを・ゆめ基金は

http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?子どもたちにオペラを・ゆめ基金

 
 子どもたちにオペラをプレゼントする基金がまだまだ不足しています。ぜひご協力ください。

 え? 子どもたちにオペラをプレゼント? おもしろい! のった! という方は下記口座へ寄附を!。

 振替口座は 口座記号 00260-4  口座番号 97844

       加入者名 NPO法人ぷかぷか