ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

はずむ心 バンバンバン

  今朝の早朝書いたぷかぷか日記に、ミヒャエルエンデの「モモ」に出てくる「笑顔ドロボー」のことを書きましたが、「モモ」に出てくるのは「時間どろぼう」で、「笑顔ドロボー」は私が昔学校で作った芝居に出てくるキャラクターでした。申し訳ありませんでした。大分ぼけてきたようです。

 

 当時三ツ境養護学校にいたのですが、毎年文化祭の初日にする芝居を全校生で1年かけて作っていました。最初にみんなからテーマを募集し、それを元に芝居を作ります。その年のテーマは「おいしい笑顔」でした。全校生から笑顔の絵を描いてもらって廊下に張り出したり、笑顔コンテストをやったりしながら少しずつお話を作っていきました。

 このときに思いついたのは、あるとき、街の中から笑顔が少しずつ消えていき、街がどんどん暗い雰囲気になっていって、どうやって街の明るさを取り戻すか、といったお話でした。このときに登場したのが「笑顔ドロボー」。笑顔ドロボーが暗躍すると、街からどんどん笑顔がなくなっていきました。

 笑顔ドロボーたちは山の洞窟に盗んだ笑顔を隠していました。その笑顔を取り戻そうと、「笑顔取り戻し隊」が結成され、その隊長はかわいい女の子でした。歌を歌いながらその洞窟に向かいます。

 芝居は体育館のフロアを舞台にし、全校生がぐるっと輪になって座り、その真ん中が舞台でした。「笑顔取り戻し隊」は、全校生が歌う中を、その真ん中の舞台をゆっくり回ります。芝居は配役だけでやるのではなく、舞台を取り囲む全校生がさまざまな形で芝居に参加します。

 山の洞窟に着き

「笑顔を返せ!」「返さない!」

のやりとりが続きます。隊長のかわいい女の子が前に出て、ドロボーのボスに向かって

「笑顔を返してください」

とお願いします。

「馬鹿いうな、笑顔は返さない!」

といいながら隊長を見たドロボーのボスは、あろう事か、その隊長に一目惚れ。いつもムスッとしていたボスが、今まで見たこともないようなすばらしい笑顔を浮かべます。ニカ〜ッと笑顔を浮かべながら、

「笑顔はいいねぇ、人生が明るくなったみたいだ。今までの暗い人生はもうおしまいだ!」

といい、街の人たちの笑顔を返すことにしたのでした。

「よし、この笑顔をみんな返そう!」

とボスが高らかに宣言すると、全校生に渡しておいたジェット風船がピュ〜ンと甲高い音を立てながら飛び上がり(体育館の中を100個くらいの風船が飛びました)、ブルーハーツの「風船爆弾(バンバンバン)」をガ〜ンと流したのでした。

   

  Oh!恋は風船爆弾   Oh!恋は風船爆弾

  いまにもはじけそう  Oh!恋は風船爆弾

  ……

  はずむ心 バンバンバン

  あなただけに見つけて欲しい

  いつだってどこだって

  遠くまで飛んでいけるさ

 

と、全校生で歌ったのでした。

 

f:id:pukapuka-pan:20150313184628j:plain