ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

こども抜きでも参加するに値する場所になって

 11月15日(土)、パン教室がありました。

 地域の方で、「今日は子どもがお父さんと遊ぶので私だけ来ました」というお母さんがいましたが、それくらいパン教室は大人にとっても楽しい、居心地のいい場所になっているのだろうと思います。みんなで寄ってたかってパンを作る、というたったそれだけの場所ですが、地域の方にとって、子ども抜きでも参加するに値する場所になっていることの意味は侮れない気がしました。

 パン屋を始める前、いくつかパン教室に行ったことがあります。確かにおいしいパンは焼けるのですが、ただそれだけの場所でした。ぷかぷかのパン教室は、メンバーさんと入り乱れ、本当にごちゃごちゃの雰囲気で、こんなのでパンが焼けるの?と不安を感じるほど(パン教室を引っ張ってきた高崎ですら、そう思うくらいです)ですが、それでもばたばたと動き回るうちに、なんとなくおいしいパンが焼き上がってしまうところがまぁ不思議といえば不思議。そして何よりも楽しいです。この楽しさと居心地の良さみたいなものが、地域の方たちにとっても魅力になっているようです。その魅力を作りだしているのはやはりメンバーさんたちであり、これがもしスタッフだけでやるパン教室であれば、多分地域の人たちは来ないんだろうなと思います。

 

これは前回の写真ですが、このごちゃっとした雰囲気こそがぷかぷかパン教室。

f:id:pukapuka-pan:20141116152648j:plain

 

 

あっちこっちから手が伸びて…

f:id:pukapuka-pan:20141116133813j:plain

 

肉まんをせいろに並べます。

f:id:pukapuka-pan:20141116153617j:plain

 

 できたばかりのあんこを使ったあんパンの成形

f:id:pukapuka-pan:20141116153849j:plain

 

 ピザの成形とトッピング

f:id:pukapuka-pan:20141116154443j:plain

 

みんなで作れば、ほらこんなにおいしそうなピザが。このダイナミックな形は、そのままぷかぷかパン教室の勢い。

f:id:pukapuka-pan:20141116155224j:plain

 

蒸し上がったばかりの肉まん。ほかほかの湯気にいいにおい。

f:id:pukapuka-pan:20141116155603j:plain