ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

「おかあさんといっしょ」と「ホラー映画」が好きです

 ぷかぷかしんぶん10月号の印刷に行きました。A5版6ページのしんぶんを5,000部印刷するには、2台の印刷機を使っても2時間かかります。500枚ずつ紙を補給したり、印刷した紙を裏返したり、いろいろやることはあるのですが、それでも印刷を待っている間はかなり時間をもてあまします。

 今日はナベさんがお手伝いで同行してくれたので、二人でいろいろ話をしました。

「家ではどんなテレビ見ますか?」

「おかあさんといっしょ」

「え?あの幼児が見る番組?」

「そうです」

ナベさんは今年20歳。なんてかわいい人なんだと思いました。

「テレビ見ながらお母さんと一緒に体操するの?」

「そうです」

ますますかわいくなりました。

「ほかに何を見ますか?」

「ホラー映画」

「え?あの、怖い映画?」

「そうです」

「怖くないの?」

「女の子がきゃーって叫ぶのが好きです」

「ナベさんは叫ばないの?」

「叫びません」

「ホラー映画好きな人は、ゾンビが友だちだと思って、家に遊びに来るんだけど、知ってる?」

「知りません」

「え?知らないの?それってまずいと思うよ」

「どうして?」

「だってゾンビがナベさんの家に遊びに来てるかもしれないんだよ。」

「来てません」

「じゃあ、今日、夜中にトイレに行ってみな」

「トイレ?」

「そう、トイレにゾンビが来てるかもしれないんだよ」

「夜中は寝ていて、トイレには行きません」

「ゾンビはナベさんのこと、友だちだと思っているから、見に行ってあげないと寂しがると思うよ」

「寂しがってません」

「ゾンビって、ああ見えて、実は寂しがり屋なんだよ」

「そんなことないです」

「いや、寂しがり屋です」

「そんなことありません」

「そんなに思うんなら、今日、布団で待ってるといいよ。寂しくなったゾンビがそーっと布団に潜り込んでくるよ」

「いや〜、怖いです。」

………

なんて楽しい話を印刷機を回しながら延々と話したのでした。