ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

至福の時

 久しぶりに陶芸をやりました。お総菜屋で使う大皿、カフェで使うコーヒーカップ、角皿、シチューカップ、パン皿などを作りました。

 久しぶりなので電動ろくろを回しながら粘土を伸ばしていく指の感覚を取り戻すのに少し時間がかかり、思うようなものがなかなかできません。それでも30分くらい作っては壊し、作っては壊しをしていると、だんだん感覚がよみがえってきて、ああ、指がちゃんと覚えていてくれたんだ、とうれしくなりました。

 何も考えず、ひたすら粘土に集中し、しばらくは至福の時でした。こういう時間がもっとふだんからあれば、と思いました。

 定年後はこういう好きなことを思う存分できるものと思っていましたが、ぷかぷかを立ち上げてしまったために、全くそういう時間がとれません。それでもなんとか時間を見つけては、こつこつ作ってきたお皿やコーヒーカップが、ぷかぷかカフェのお客さんに好評で、とてもうれしいです。

 たまにしかできないから、好きなことをやる時間が「至福の時」になるのでしょう。毎日やっていたら、こんな気持ちにはなれないのだろうと思います。このあたりの加減がなんともむつかしいですね。