ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

4周年記念イベント

  4周年の記念イベントがありました。谷川俊太郎の詩「はる」の朗読から始まりました。みんな詩を朗読するなんて初めてだったのですが、お客さんを前にして読むと、それだけでとてもいい気持ちだったようです。読んだあと、とてもすっきりした顔をしていました。

 ぷかぷかバンドは今年は新曲が一つ増え、とてもよかったと思います。

f:id:pukapuka-pan:20140426184423p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426184506p:plain

 

 tujiくんは一人で「ヨイトマケの唄」をうたいました。長い歌の歌詞を全部覚えていました。心に響いて、涙が出そうになったというお客さんもいました。

f:id:pukapuka-pan:20140426184646p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426184718p:plain

 

 平塚からスタジオクーカの人形劇団「ふもっふっ」が駆けつけてくれました。   「テキトー版 桃太郎」の人形劇で、手作りの人形とオリジナルな台本、演出がとても楽しかったですね。

f:id:pukapuka-pan:20140426185143p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426185210p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426185246p:plain

 

 ろう者(耳の聞こえない人)と聴者(耳の聞こえる人)の人形劇団デフパペットシアターひとみからは二人駆けつけてくれて、丸、三角、四角の段ボールの紙と音を組み合わせて楽しい物語を作ってくれました。小さな子どもたちにもよく伝わったようで、「あ、おさかな!」とか「かに!」とかうれしそうにいってました。

f:id:pukapuka-pan:20140426185838p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426185924p:plain

f:id:pukapuka-pan:20140426185952p:plain

 

 お客さんは去年の倍以上いましたから、ずいぶんにぎやかでした。ぷかぷかを支えてくれている層の厚さを感じました。