ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

うれしいことが三つ

 今日はうれしいことが三つもありました。

 

 一つはワークショップの企画書が「生き活き市民基金」の審査に通り、会場費、講師料など50万円近い助成金をもらえることになったことです。地域社会を変えていく先駆的な事業として認められたようでした。(ワークショップの企画書はホームページ「ぷかぷかパン」のメニュー欄にありますので、ぜひ見てください)

 ぷかぷかは「障がいのある人たちと一緒に生きていった方がいいよ」というメッセージを発信していますが、演劇ワークショップの試みは、そのメッセージを更に前に、具体的に進めるものです。

 6月から月一回のワークショップをやり、11月24日(月、祝)に「みどりアートパーク」のホールでできあがった作品の発表会をやります。ぜひ見に来てください。

 

 二つ目は日本財団から車をもらえることになり、その納車の連絡があったことです。日本財団は助成金などの審査をするとき、申請書はもちろんですが、その団体のブログを見るという話を夏の研修会で聞きました。ホームページよりもブログの方が日々の活動がよく見えるからだそうです。それを聞いてからとにかく毎日ブログを書くようにしました。ブログを書くことが習慣になると、確かに日々の活動記録がたまっていくことがよくわかりました。そのせいかどうか、秋になって申請が通ったという連絡が入りました。

 ぷかぷかの活動もようやくこういうところにも認められるほどになったか、と思いました。

 

 三つ目は東急田園都市線藤が丘駅前に「マザーズ」という自然食の大きなお店があるのですが、2週間ほど前、ぷかぷかのパンを食べたマザーズの社長さんが直々やってきて、ぷかぷかのパンを販売してくれないかという話がありました。そんなお店でぷかぷかのパンが認められるなんてすごい!と思っていたのですが、今日は更に進んで、お店にぷかぷかの利用者さんの絵を飾りたいというお話がありました。タピストリーにして、入り口にある大きな柱に巻き付けるように使ったり、窓にも絵を飾りたいという信じられないような話でした。

「【作家さん】にはいくらぐらい謝礼をお支払いすればいいでしょうか?」

とも聞かれ、そんなことは考えたこともなかったので、あとで返答することにしたのですが、障がいのある人の描いた絵ではなく、【作家さん】といわれたことがとてもうれしく感じました。