ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

外とつながりを作る

 アートセミナーの会場にメイクの講習会の案内がありました。障がいのある人たちを対象に、プロの美容師を呼んで、きっちりとメイクをしてみよう、という企画です。面白そうだったので、案内のチラシを持ち帰りました。

 つい先日「ぷかぷか」の女性スタッフから、余暇支援として、メイクをするような企画があってもいいよね、という提案があったので、やるならこんな風にメイクのプロを呼んでやったらどうかと思いました。

 どこに連絡を取れば、メイクのプロが来てくれるのか、それを探すところからこの仕事は始まります。化粧品屋なのか、化粧品のメーカーなのか、化粧品のメーカーのどこに連絡すればいいのか、なるべくただで来てもらうのはどうすればいいのか、といったことを色々考えます。

 アートセミナーで一番面白かったのは、「外とつながりを作る」ということでした。何もないところではつながりは生まれません。どうやったらそのつながりが出来るのか、それを見つけるために、まずメイクの講習会をプロデュースするということを若いスタッフにやって欲しいと思ったのです。

 何もないゼロから始めるので、多分大変です。大変だからこれは絶対に面白いです。何から手をつければいいのか、苦労して苦労して見つけて欲しいと思うのです。

 上手くすれば、化粧品のメーカーとのつながりができ、こういう異業種とのつながりは、思ってもみない新しいものを生み出す可能性があります。となると、メイクの講習会の企画から、それを超える面白いものが生まれるかもしれなくて、なんだか今からワクワクしてしまいます。