ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

パン屋が始まった頃

 パン屋が始まった頃の原稿です。

 2010年4月、パン屋がオープンしました。それは少しずつ体を慣らしていくようななまっちょろいものではありませんでした。いきなり怒濤の日々がやってきた、という感じでした。

  国産小麦、天然酵母で作るパンは必ず売れる。そう思っていたのですが、売れたのは始めの1週間だけ。新しいお店ができたのでたくさんの人たちが様子を見に来たという感じでした。1週間が過ぎると潮が引くようにパンは売れなくなりました。「国産小麦、天然酵母のパン」を求める人は、ほんの少数派にすぎないことを、いやというほど知ることになったのです。

 毎日大量のパンが売れ残り、捨てるのはもったいないので次の日に半額で売りました。そうすると半額のパンから売れ、その日に焼いたパンがまた売れ残る、という悪循環になり、そこから這い上がるのがまた大変でした。

 当時スタッフが8人。でも、商売を経験した人、経営に詳しい人は一人もいませんでした。ですからどうすればもっとパンが売れるのか、どうすれば売れ残りをなくすことができるのか、誰もわからないまま、赤字ばかりがどんどん増えていきました。

 売り上げが少なくても、材料費や水光熱費の請求は毎月きちんきちんとやってきます。パン材料費、家賃、ガス代、水道代、電気代、電話代、社会保険料、会計事務所顧問料、金融公庫への借入金返済等、支払うお金の多さにびっくりしました。パンの売り上げよりはるかに多いお金です。恐ろしい勢いでお金が出ていく毎日が続いて、この先どうなるんだろうかと、ほんとうに不安でした。赤字がどんどん増えていき、毎月のように自分の預金を取り崩し、資金を投入しないと回りませんでした。

 なんのためにこの事業を始めたのか、一人悶々とする日が続きました。障がいのある人たちといっしょに生きていきたい、という思いで始めた事業ですが、現実の困難さの中で、もう心が折れてしまいそうでした。