ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

笑顔で働いている姿を見て

 実習生に実習の感想を聞いてみました。

 「毎日がほんとうに楽しいです。一日が終わると、次の日がすごく楽しみです。あと一日で実習が終わることがとても寂しいです」

 こんな嬉しい感想を言ってくれた実習生は初めてです。実習生はたいてい緊張していて、仕事に慣れ、職場の雰囲気に慣れる頃には実習が終わっていることが多いです。でも今回の実習生は、もう初日から

「楽しかったぁ」

と、家でお母さんに報告していたそうです。

 「ぷかぷか」に来る前、他の福祉事業所で実習していたのですが、仕事が厳しかったのか、うまくいかなかったようです。そのあと「ぷかぷか」に見学に来て、みんなが笑顔で働いている姿を見て、ここならやっていけそうだ、と思い、実習に来たそうです。

 そして、予想通り、笑顔で実習できた、というわけです。

 「みなさんが笑顔で働いていました」

 今日、初めて聞いて、そうか、「ぷかぷか」は利用者さんにとってそういう職場だったんだ、とあたらめて気がつきました。これは特に意識したわけではないのですが、自然にそうなっていたのでしょう。

 別の実習生の方で、

 「あの〜、ここは仕事中におしゃべりしてもいいんですか?」

と聞いた方がいました。仕事そっちのけでおしゃべりするのは困りますが、楽しい会話は職場の楽しい雰囲気を作り、仕事がはかどります。

 養護学校で教員やっていた頃、

「仕事中のおしゃべりはダメです」

なんて指導したりしていましたが、今から思うと、何が仕事をはかどらせるのか、といったことが全くわかってなかったな、と思います。

 黙りこくったまま、黙々と仕事をするなんて、息が詰まりそうで、素直にいやだなと思います。仕事が楽しいと感じられ、笑顔で毎日仕事できることがいちばんです。

 実習生は「ぷかぷか」が一番大事にしていることを、しっかり見抜いていたんだなと思いました。