ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

3年たちました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 霧が丘に「ぷかぷか」のお店が誕生して3年がたちました。
 障がいのある人たちといっしょに生きていきたい、とただそれだけを考えて、商売のことなど全く知らないままのスタートだったので、最初の1年目は本当に大変でした。恐ろしい勢いでお金が出ていき、つぶれなかったのが不思議なくらいです。

 天然酵母、国産小麦にこだわったパンは絶対売れる、と思っていたのですが、予想したほど売れ行きは伸びず、こんなにおいしいパンがどうして売れないのだろうと頭を抱え込む日々が続きました。それでも、牛乳も卵も入れないパンは素朴においしくて、少しずつお客様が増え、ずっと赤字だった収支も、3年目にしてようやく黒字になりました。

 お店が3年続いたことで、すばらしい時間を過ごすことができたと思っています。経営的には苦しいことばかりでしたが、それでもたくさんのお客様と出会ったり、利用者さんたちの成長ぶりに驚いたり、毎日の売り上げに一喜一憂したり、本当に充実した3年だったと思います。この3年はお店を支えて下さったお客様方からの、すばらしい「プレゼント」だったと思っています。ありがとうございました。

 パン屋を始めなければ出会えなかったお客様がたくさんいます。出会ったお客様の数だけ、いろいろなことを教わり、それはそのまま私たちのかけがえのない財産になっています。みなさまと出会えたこと、本当に嬉しく思っています。

 「こんなすてきなパン屋と出会って、本当によかったと思っています」と言ってくださるお客様がたくさんいます。嬉しいですね、こんな言葉を聞くと。おいしいパン、安心して食べられるパン、メルヘンのような店作り、それになんともいえない魅力にあふれた、にぎやかで、いつも一生懸命な利用者さんたち。そういうものと出会えた素直な喜びがお客様の言葉から伝わってきます。

 人と人との「出会い」は、お互いを豊かにします。そんな出会いをこれからもたくさん作っていきたいと思っています。

 お店が始まった頃、お母さんに抱っこされたり、背中に負ぶわれていた赤ちゃんたちが、今はすっかり大きくなって、お店にやってきます。初めて歩いてお店にやってきたときや、たどたどしくおしゃべりし始めたときは、自分の子どものように嬉しく思いました。お店を続けていくって、こういううれしい関係が続いていくことなんだ、って子どもたちから教わりました。出会った子どもたちに感謝!です。

 「ぷかぷか」では障がいのある人たちが当たり前のように働いています。いつもわけのわからないことをしゃべり続けている人がいます。接客がぎこちない方もいます。おしゃべりが上手く出来ない方もいます。でも、みんな元気に、一生懸命働いています。何よりも楽しい、あたたかい雰囲気があります。
 そういったことを子どもたちが小さな頃から見続けていることは、とても意味のあることだと思います。子どもたちが大きくなって、やがて社会を担うようになったとき、「ぷかぷか」で働いている障がいのある人たちのことを、ちょっとだけ思い出してほしいなと思っています。

 子どもたちには何の偏見もありません。私たちよりずっと素直に障がいのある人たちのことを見ています。
 優しい人だなと思うと、素直に抱きついてきます。おもしろいなと思うと、どんどん話しかけてきます。障がいがあると言うだけで引いてしまうのは大人だけです。
 子どもたちは大いなる「希望」です。その希望に、私は自分の夢を託したいと思っています。


★「ぷかぷか」のホームページは
 http://pukapuka-pan.xsrv.jp/