ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

運動会やりました!

日曜日に運動会がありました。去年は外でやりましたが、今年は地区センターの体育館。地域の人たち、ぷかぷかさん、保護者の方たち全部で80人くらいが参加した、のんびりした楽しい運動会でした。あまり整っていない、きちんとしていないところがぷかぷか運…

「障害者は不幸しか生まない」?

このところぷかぷかさん達のすばらしいアート商品が次々にできあがっています。 ぷかぷかさん達が楽しい絵を描きます。その絵をどこに、どんな風に使おうかと考えるスタッフがいます。色を塗るスタッフがいます。ぷかぷかさんも色を塗ります。ぷかぷかさんと…

彼らと一緒に生きていくと、こんなすてきなものができあがる

昨日アップした新幹線内殺傷事件の記事をシェアした方がこんなコメントを書いていました。 つい「死にたいなら一人で死ねばいいのに」と言いがちですが、「彼の犯行はある意味社会への復讐のような意味合いを感じてしかたありません。これまでうまく行かなか…

東海道新幹線内殺傷事件

先日東海道新幹線の中で殺傷事件がありました。犯人についての報道が精神障がいを持った方への偏見を助長するような雰囲気があり、すごくまずいと感じていました。それに対し、まっすぐに異議申し立てをしたNPOがありました。 www.comhbo.net 障がいのある人…

どこから入っても、ぷかぷか全体が見えるような構造

先日ホームページのアクセス数が30万を超えました。小さな福祉事業所のホームページとしては驚異的な数値だと思います。 「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいいよ」というぷかぷかのメッセージに共感する人が、それだけいるということだと思い…

「迷惑」と思われていたことを、社会と分かち合う

昨日の朝日新聞「私の視点」はすばらしい意見でした。 digital.asahi.com 「回りに迷惑をかけない」という道徳規範が、自分を、社会を萎縮させているのではないか、といいます。お互い「迷惑をかけない」なんてことはあり得ないので、だったらその「迷惑」を…

ひいくんのあるく町

街を耕す会・港北の集まりで『ひいくんのあるく町』を見ました。 ひいくんは知的障がいのある39才のおじさん。毎日ヘルメットを手にひょこたんひょこたんと町を歩いています。歩きながら、町のあちこちでお店のちょっとしたお手伝いをしたり、田んぼで耕耘機…

〈障がいのあることがもはや「負」の価値とはならない社会〉がすでにぷかぷかのまわりにはできている

6月3日の朝日新聞「折々のことば」に奈良の福祉施設「たんぽぽの家」理事長の言葉が紹介されていました。 〈 障がいのあることがもはや「負」の価値とはならない社会のあり方をめざす。〉 〈 施設をサービスではなく、社会変革の拠点にしたい。 〉 ぷかぷか…

社会課題解決を「なんちゃってファッション」に終わらせない3条件

日々の生活の〈ささくれ〉をお取りします、という株式会社「御用聞き」の社長・古市さんの昨日のTwitterにこんな言葉がありました。 社会課題解決をなんちゃってファッションに終わらせない3条件 ・現場に立脚している ⇒仮想ではなく事実がある ・匍匐(ほふ…

授業が終わったあと、終わったあとこんな顔になりました。

桜美林大学で「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がトク!」をテーマにした授業をやってきました。わずか1時間半の授業でしたが、終わったあとこんな顔になりました。 「トク!」という言葉が、しっかり届いた感じのする顔です。これは私が「トク…

障がいのある子どもが街を歩くと、街が変わる

障がいのあるお子さんの親の会の人たちが見学に来たのですが、いい話を聞きました。 お子さんが毎日通う道で、毎日決まって会う方が何人かいらっしゃるようです。家の前を掃除する方、花に水をやる方、散歩に出かける方…。そんな街の人たちが、毎日お子さん…

それじゃあ、人生つまらないじゃないですか

たままた5年前のFacebookの記事を見つけ、なかなかいい記事だったので紹介します。お母さんの生き方がステキです。 ある集まりで、「子どもが養護学校卒業したら、一緒に自営業やります」といいだしたお母さんがいて、「おお、すげぇ!」と思ってしまいまし…

パン教室は、地域の希望を生み出している

今日は久しぶりのパン教室。シンプルな菜種ロールはおいしかったです。バターロールのバターを菜種油に変えたパンですが、さっぱりしておいしいですね。シンプルなパンのシンプルなおいしさこそ、パン本来のおいしさだと思います。 今日は地域の方が6名参加…

「トク!」の意味をちょっとだけ体感します

6月4日(月)朝9時から桜美林大学でぷかぷかさんたちと一緒に、「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がトク!」をテーマにした授業をやります。プロモーションビデオカナダ版を見たあと、ぷかぷかさん達と、双六を使ったわかりやすい哲学対話のような…

ぷかぷかさん達がいる限り、そこから希望が生まれる。  

昨日ブログで紹介した筑豊「虫の家」の事務局長高石さんの息子さんの話に、 pukapuka-pan.hatenablog.com 先日大分からぷかぷかに研修に見えた中川さんが、自分のFacebookにこんな言葉を書いていました。 もしうちの子が、担任の先生から、こんな風に見られ…

今、私たちが社会を本気で変える、にはどうしたらいいのか

7月21日(土)筑豊にある「虫の家」で相模原障害者殺傷事件をテーマにしたトークセッションを行います。その話し相手の一人高石さんが障がいのある息子さんをめぐる社会的な状況について書いています。 問題はこの困難な社会的な状況を、どうやったら変えてい…

ヨコハマアートサイト満額採択!

演劇ワークショップの助成金を申請したヨコハマアートサイトから満額採択の連絡がありました。100万円です。 ●選考委員より 《 実績もあり、福祉施設による地域に根ざした活動として評価します。運営体制の 見直しと、継続的な活動へ向けた仕組みの構築に期…

北秋田でワークショップと上映会、トークセッション

北秋田でワークショップやりました。 段ボールで怪獣を作ります、という計画に対し、用意されていた段ボールはすべて広げた段ボールで、ええっ!とちょっと焦りました。これで怪獣を組み立てるのは大変です。ワークショップの始まる直前に気づき、みんなに協…

あなたを産んで育てたことを誇りに、精一杯生きようと思います。

しんごっちが亡くなって4年。お母さんからのメール。 伸吾の4回目の命日を迎えます。 プライベートなことではありますが、弊社「お空のした」に深く関わることでもあるため、日頃お世話になっています皆様に生前息子(伸吾)が描き遺した絵を観ていただきたく…

障害児がいるからこその、あなたの人生を

花岡さんがまたまたすばらしいブログを書いていました。障がいのある子どもを育てているお母さんたちへの熱いエールです。 ameblo.jp 真ん中あたりにある 障がいが発覚した時に投げ捨てたと思っている、あなたが思っている幸せ、、、 それは本当に「幸せ」な…

対話内容よりも対話している状況そのものに意味があり、多くの学びがあった

先日、立教大学から教授を含め7名の方が見え、ぷかぷかさん達と「哲学対話」をしました。「哲学」という言葉はむつかしいイメージがありますが、何でも自分たちの話したいことをテーマにして対話をしていこうということです。対話を通して相手のことをもっと…

桜美林大学で授業

桜美林大学グローバルコミュニケーション学群というむつかしそうなところから授業を頼まれました。そこの先生とは神奈川県主催のNPOと企業、大学を結ぶ集まりで知り合いました。私のいう「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がトク!」の「トク!」…

愛おしくなる女性達の絵

先日ヴィヴィットアート展に行ったとき、アリサさんに初めてお会いしました。絵は以前から金子さんを通して知っていたのですが、ご本人に会ったのは初めてです。 福祉事業所で働く傍ら、こんなすてきな絵をたくさん描いています。お父さん、お母さんが絵はが…

また新しい物語がはじまる

大分から研修に来ていた中川さんのぷかぷか訪問記です。 ameblo.jp ameblo.jp ameblo.jp 人が出会う、ということはこういうことなんだとあらためて思いました。こうやってまた新しい物語がはじまります。だから人生はおもしろい! こうやって素敵な出会いを…

それは違うと自分の中で言い切るために…

ぷかぷかのドキュメンタリーを撮りたいと言っている石井さんのブログ meronpannn.hatenablog.com 《「障害者は不幸を生むことしかできない」という犯人の供述に…、 それは違うと自分の中で言い切るために… 》ぷかぷかに来ることにしたという石井さん。 「そ…

希望を作り出す「コツ」をお話しします。

7月21日(土)北九州の筑豊にある「虫の家」で相模原障害者殺傷事件2周年・追悼の集いのチラシができました。下記サイトのダウンロードボタンを押して下さい。 pukapuka-pan.xsrv.jp 筑豊で活動されている2名の方と対談の形で、相模原障害者殺傷事件について語…

「指導」とか「支援」することでだめにしているものがたくさんあるんじゃないか

アート屋わんどに見学に来た方が 「やっぱりいろいろ指導して描かせているんですか?」 という質問をしました。 最近おもしろい作品がどんどんできあがっているので、そう思う人がいるかも知れませんが、たとえばミヨッシーのねこの絵。左の写真をモデルに右…

ぷかぷかのドキュメンタリーを撮りたい

上智大学新聞学科でジャーナリズムを勉強している石井里歩さんがぷかぷかのドキュメンタリーを撮りたいと言ってやってきました。 新聞の記事でぷかぷかのことを知り、先週パン屋に来たそうです。会計の時にもらったありがとうカードにほっこりした気持ちにな…

しんごっちの人生をとことん楽しむような生き方が好きでした

4年前、脳腫瘍のため亡くなったしんごっちのお母さんが「お空のした」という新しい介護の事業所を立ち上げました。その社名に込めた思いには、空へ還っていったしんごっちへの思いにあふれています。 https://www.osoranoshita.com/blank-6 しんごっちはこう…

世界はもっと豊かに

映画『ぷかぷかさんカナダをゆく』は4月完成予定でしたが、都合により8月に延期します。お待たせして申し訳ありません。8月4日(土)みどりアートパークホールで上映します。それに向けて制作進行中です。 先日ツジさん親子がスロベニアで開かれた世界自閉症フ…