読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷかぷか日記

ぷかぷか理事長タカサキによる元気日記

満額回答

ぷかぷかのメンバーさんと地域の人たちでやっている演劇ワークショップは講師料、会場費、舞台経費など約200万円ものお金がかかります。毎年あちこち助成金の申請をして、なんとかまかなっていますが、申請が通るかどうかわからない段階で、会場を押さえ、中…

障がいのある人もやっぱり努力が必要なんでしょうか?

NHKのあさイチで 発達障害のことを考えるシリーズをやっています。今朝は「自分の《苦手》とどうつき合う」というテーマで話し合っていました。自閉症の人で感覚的に食べられないものを「わがまま」だと決めつけられたりしてみんな苦労しているのですが、そ…

映画『しがらきから吹いてくる風』無料公開中

『しがらきから吹いてくる風』というドキュメンタリー映画が25日までユーチューブで公開されています。ぜひ見てください。 信楽の街にはあたたかな風が吹いているといいます。信楽青年寮の青年達が 信楽の街で巻き起こしたゆるやかで、あたたかな風です。 信…

新しい文化をカッコよく

冊子『PucaPucaな時間』の表紙ができました。これを半分に折ったものが表紙になります。タイトルが表表紙に「Pucapu」と裏表紙に「caな時間」と別れています。はじめに「Pucapu」が目に飛び込んできて、「え?何、これ」と思って、その続きを見るように裏表…

第3期演劇ワークショップのプロモーションビデオ

第3期演劇ワークショップのプロモーションビデオができました。 www.youtube.com ●鮮明なチラシは下記をクリックして下さい。サイトの中にあるダウンロードボタンをクリックすると鮮明な大きなチラシが出てきます。 6月17日上映会 - 「カフェベーカリーぷかぷ…

みんなに伝えたい理由

花岡さんが「障がい児との日常を公開する理由」を三回に分けて書いていました。 一回目は「あー、なんだか花岡さんち大変そう うちはまだいい方なのかなー。 頑張ろうかなぁー。 って勇気や安心感を持ってもらえたら、、、と思っているから」 二回目は「あり…

未来に向けて小さな希望が持てるような明るい話し合いができたら

6月17日(土)みどりアートパークで演劇ワークショップの記録映画と新しいプロモーションビデオの上映会をやります。 ●鮮明なチラシは下記をクリックして下さい。サイトの中にあるダウンロードボタンをクリックすると鮮明な大きなチラシが出てきます。 6月17日…

幸せをいっぱい生きた人の顔を見た気がしました

先ほど紹介した表参道の「ダウン症の子と母の写真展」は文字によるメッセージが一切なかった、と思っていたのですが、映像クリエイターの信田さんから、小さくメッセージが書いてあった、とメールがありました。 《 思い描いていた幸せとは違っても、違う幸…

人の生きている重み、生きてきた重みが…

渋谷のサービスグラントに行く用があって、表参道の駅の通路で催されているダウン症の子と母の写真展を見てきました。 モノクロの、すばらしい写真展でした。言葉は一切ありません。 人の生きている重み、生きてきた重みがストレートに伝わってきます。ダウ…

雑誌『そよ風のように街に出よう』が残したもの

『そよ風に街に出よう』という雑誌の編集をやっている小林さんが取材に来ました。週刊号にぷかぷかの話を載せるそうです。 『そよ風のように街に出よう』最新号 『そよ風に街に出よう』は37年前、障がいのある人たちに「そよ風のように街に出よう」と呼びか…

ツジさんのイタリア報告

ツジさんは連休にイタリアまで行ったそうです。その報告です。私なんかは絶対に覚えられないようなカタカナの地名が機関銃のように次から次に出てきて、記憶力のよさにあらためでびっくりでした。 www.youtube.com

湘南ヴィヴィットアート展の動画ができました。

湘南ヴィヴィットアート展の動画ができました。ぷかぷかの第3期演劇ワークショップの記録映画をまとめた𠮷田拓史さんの作品です。 ちょうど音楽会をやったときの映像が入っていて、湘南ヴィヴィットアート展の幅広さがよくわかります。こうやって絵を媒介に…

湘南ヴィヴィットアート展へぜひお出かけください。

湘南ヴィヴィットアート展に行ってきました。 昭和4年に建てられた蔵をそのまま使った、とてもあたたかな会場でした。 これが入り口 入り口を入ったところ。右上に神棚があるあたりがここのおもしろいところ。 所狭しと作品が並んでいます。 ぷかぷかの三人…

あなたとの人生、なかなか悪くないよ

今朝の朝日新聞生活欄の「患者を生きる」ー医療的ケア児④ は子どもに寄り添うお母さんの言葉が光っていました。 digital.asahi.com 重度の脳性麻痺で寝たきりの子ども(6才)の介護を家で続けています。たんの吸引などの医療的ケアが必要なので、本当に大変で…

子ども達にぷかぷかの豊かな空気感を伝えたい

昨日の「ぷかぷか言葉」の話は、子ども達に「ぷかぷか」がどんな風に伝わっているのか、とてもよくわかって、すごくうれしい気持ちでした。 ぷかぷかのお店はもちろん、様々なイベントに子どもたちがたくさんやってきます。そんな子どもたちを見て、パン教室…

「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ぷかぷか言葉」

スタッフの1年生になる子どもが学校で、「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ふかふか言葉」、「人を傷つけてしまう言葉、悲しい言葉」は「ちくちく言葉」と習ったそうです。 ところが、家に帰ってお母さんに「人に優しい言葉、あったかい言葉」は「ぷか…

豊かな空気感を伝える

プロモーションビデオ第2弾を作った信田さんから制作の思いが届きました。 ●●● 今回の映像の打ち合わせが始まったのは2016年秋、当初高崎さんは7月に相模原でおきた障がい者殺傷事件に強い憤りを感じていて、事件に対する具体的なメッセージとしての映像を…

プロモーションビデオ第2弾の試写会がありました。

プロモーションビデオ第2弾の試写会がありました。15分くらいの作品で、昨年の第1弾よりもぷかぷかのメッセージがしっかり入っている気がしました。 昨年7月に相模原障害者殺傷事件があり、それに対して映像によるメッセージを作りたいと思っていました。 pu…

私は彼らに育ててもらった

hanaちゃんのお母さんは「重度の療育ママ」だったそうです。 ameblo.jp そのママが「私、hanaに育ててもらいました」って、さらっと書くところが花岡さんのすばらしいところ。どうしてそこに共感したのかというと、私自身、「ぷかぷかさん達に育ててもらった…

なんかね、夢があっていいじゃないですか。

ボーイング社が助成金応募団体を募集していたので、エントリーすることにしました。 支援金額がなんと7万ドル〜10万ドルだそうで、ドルで銀行口座に振り込まれるそうです。7万ドルって、いったいいくらなんだと思いながら、でも、なんだかすごい!とわくわく…

撮影を重ねるごとにだんだんと透明になったような映像

第3期演劇ワークショップの記録映画のプロモーションビデオができました。𠮷田拓史さん制作です。 www.youtube.com ここで紹介されているワークショップの記録映画は6月17日(土)みどりアートパークのホールで午後1時半から上映します。プロモーションビデオ…

目の前のその一人から少しずつ…

今朝の神奈川新聞の「生きる証」ー地域の中でー というシリーズで「自分が変わり周囲も」というタイトルでぷかぷかの常連のお客さんオーヤさんが紹介されていました。 www.kanaloco.jp 子どもと一緒に毎日のようにクリームパンを買いに来たのがきっかけでお…

第4回湘南ヴィヴィットアート展

ぷかぷかのアートのワークショップを企画したり、『セロ弾きのゴーシュ・ぷかぷか版』の背景画を企画したりした金子さんの企画する第4回湘南ヴィヴィットアート展が5月1日(月)〜5月8日(月)藤沢の蔵前ギャラリーで開かれます。そのCMができました。演劇ワーク…

こんなふうにたくさんの人が集まって、みんなで楽しいことをやれるようになったことが…

ぷかぷか7周年の小さなイベントがありました。 染め物のワークショップは定員をオーバーするほどの人気でした。 高鳥さんの歌にあわせてライブペインティング 音を絵で表現 www.youtube.com 文字も描きました。 こんなふうにたくさんの人が集まって、みんな…

この人たちの、こんな世界が、社会を豊かにしてくれます。

わんどで誰かの似顔絵を描いたり、自画像を描いたりしました。 なんて楽しい人たちなんだと思います。 こういう世界が私たちのすぐそばにあることを幸せに思います。 こんな世界を持っている人たち、本当に大事にしたいです。 彼らのそのままを大事にしたい…

ぷかぷか7年目を迎えてーその①

障がいのある人達といっしょに生きていきたいと2010年4月「ぷかぷか」を立ち上げました。あれから7年がたちます。 「ああ、もう7年もやってきたんだ」 という思いです。 この7年でぷかぷかは何を作り出してきたのかを少しずつ書き出していきたいと思います。…

仕事は面白いもの  仕事は人生を支えるもの

先日書いた『生産することのむつかしい障がいのある人とどう向き合っていくのか』に福祉事業所で働く当事者「謎解き」さんからまたコメントがつきました。 ●●● コメント読んでいただきありがとうございます。ですか、私の言いたいのは、ぷかぷかのやり方が間…

新しい挑戦ー企業活動のどこかにぷかぷかのアートを取り入れる

「サービスグラント」というプロボノ活動をやっているNPOがあります。仕事をやりながら「社会的、公共的な目的のために、職業上のスキルや専門知識を生かしたボランティア活動」をする人たちの集まりです。 そこにぷかぷかのアートを企業に売り込む営業資料…

社会の未来がかかった大事な問い

3月31日に書いた「生産することのむつかしい障がいのある人に、どう向き合っていくのか」というタイトルのブログに、こんなコメントが寄せられました。 ●●● こんばんは、利用者側からの意見ですが、私の兄は多分ぷかぷかさんにはなじみにくいと思います。今…

テトの存在の価値は、 効率よくパンを生産することだけでは決してない……

オペラ『ロはロボットのロ』を見た方からこんなうれしいメールが来ました。 ●●● みどりアートパークの「ロはロボットのロ」を観て 親子で魅了されてしまい、毎日毎日CDを聞いて追体験しています。 息子(新1年生)は全部の歌を覚えそうな勢いです。 物販コー…

新作『タング』にご招待

オペラ『ロはロボットのロ』の公演の際に集まった寄付金が経費を差し引いて少し余りましたので、こんにゃく座の新作『タング』に親子でご招待します。ファミリー向けの楽しい作品です。行ってみたい方はぷかぷかの高崎まで連絡下さい。 pukapuka@ked.biglobe…

子どもと一緒にこんなにすばらしい作品を観られて、本当に幸せです。

オペラ『ロはロボットのロ』公演の感想がまとまりました。子ども達も大人たちも、ほんとに楽しかったようですね。 ●●● ・初めてのオペラというので、どんなものなのかドキドキしていましたが、とってもおもしろくて、笑って泣いて大感動しました。子どもと一…

言葉が詰まってしまうくらいのものを彼らからもらったのだと思います

3月末でぷかぷかを離れたスタッフにメンバーさんが心を込めて色紙を描きました。 絵を見ていると、本当に彼らのこと、いとおしくなります。 なんていい世界を持っているんだと思います。 こういう世界を持っている彼らを、もっともっと大切にしたいと思いま…

地域の方がぷかぷかを、セノーさんをどんな風に受け止めていたか

昨日書いた日記 pukapuka-pan.hatenablog.com に、時々お惣菜屋に「いかけんちん」を買いにきていた地域の方がこんなコメントをよこしてくれました。 「いかけんちん」を買いに来ているうちに、なんとなくぷかぷかの雰囲気が気に入り、ウロウロしているセノ…

生産することのむつかしい障がいのある人たちとどう向き合っていくのか

以前、「セノーさんは今日もせっせと」という記事を書きました。 pukapuka-pan.hatenablog.com それに対し、福祉事業所で働いている当事者の方から、こんなコメントが寄せられました。(原文のまま) ●●● ブログを読んであなたの言いたい事も良くわかります…

第3期演劇ワークショップの記録映画

第3期演劇ワークショップの記録映画がまとまりました。 「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいい」という理由が、この映像を見るとよくわかります。相模原障害者殺傷事件の容疑者は「障害者はいない方がいい」などと言いましたが、私たちは…

子ども達、ほんとうに楽しかったんだと思います。この顔見ればわかります。

3月25日(土)オペラシアターこんにゃく座のオペラ『ロはロボットのロ』の公演をやりました。子ども達にオペラをプレゼントしよう、という企画で、たくさんの子ども達が見に来ました。 朝、みどりアートパークの搬入口にオペラシアターlこんにゃく座の大型トラ…

新しい物語が始まります

ライ麦パンに使うライ麦を作っている栃木の上野さんの似顔絵を描きに画伯を連れて行きました。上野さんの作っているお米やポン菓子のラベルを作るためです。文字をメンバーさんの手描きにして、作った人の似顔絵を入れてやわらかな楽しいラベルにしようと思…

オペラ『ロはロボットのロ』の公演は 今日!

オペラ『ロはロボットのロ』の公演は、いよいよ今日!です。 当日券がまだありますので、ぜひおいで下さい。みどりアートパーク(長津田駅北口徒歩4分)で、午後2時開演です。

オペラ『ロはロボットのロ』の公演は 明日!

オペラ『ロはロボットのロ』の公演は いよいよ明日! 物語の最後 魔女との戦いにエネルギーを使い果たしたテトは、もう起き上がれません。 ♪ あんた ロボットなんだろ、 死んだりなんかしないんだろ お願い 立ってよ テト〜 「死んだりなんかしないんだろ」…

魔女の歌が子どもたちに届くといいな

魔女の娘ジーンはパンが大好きです。特にテトの作ったパンがいちばんのお気に入り。 ジーンの歌は豪快です。 ♪ パパパパパンパン まるで魔法 パパパパパンパン ヒバリより高く空を舞う マウントフジに はしごをかけて 自由の女神と インド象をのせて 青い地…

お金をまわす

ぷかぷかを始めるとき、大変なお金がかかりました。でも、実績のない事業所は信用がなく、どこからも助成金は出ませんでした。やむなく自分の退職金をはたくことになりました。事業がうまくいくかどうかの確信もないまま、大金を差し出すことは、本当にきつ…

こいつは悪いやつだけれど、助けなければ、私たちはもっと悪いやつになる

テトは空は飛べないし、走るのも、跳び箱も苦手な性能の悪いロボットです。完璧さを目指すロボットの中にあっては、できないロボット、弱いロボットです。弱いからこそ、そこには人間味があり、こんなおもしろい物語が生まれるのだと思います。鉄腕アトムで…

ライ麦を作ったおかげで、自分が磨かれて、自分の生き方に自信が出ました

栃木の上野長一さんのライ麦畑を見に行きました。ぷかぷかのパンに上野さんのライ麦を使うことになり、それなら畑を見に行こう、ということになって、パンを焼いている渡辺と二人で見に行ってきました。 とにかく広い畑で、この写真くらいの畑が17枚もあるそ…

子ども達にわくわくする夢の世界、見せてあげてください

今日、みどりアートパークであった三人のおじさんたちの山猫合奏団による『どんぐりと山猫』、すごくおもしろかったです。力強い朗読と、パワーあふれるピアノ。また新しい『どんぐりと山猫』を見た気がしました。本当にすばらしい舞台でした。 最後の場面、…

オペラ『ロはロボットのロ』の公演まであと一週間

オペラ『ロはロボットのロ』の公演まであと一週間です。 チケットまだお求めでない方は、お急ぎ下さい。一般公演はこれが最後になります。 見ないと、絶対に損!です。 公演は3月25日(土)午後2時開演、みどりアートパークホールです。 みどりアートパークは…

ゆうたくんと三人で素敵な人生を歩んでいるんだなと思いました。

先日ぷかぷかの見学に来られた埼玉県戸田市の川島庸さんが映画『ぷかぷか』上映会のお知らせをFacebookでシェアしてくれました。こんなうれしいコメントがついていました。お二人が見たのは第3期演劇ワークショップの記録映画の試写版です。 ●●● 妻と二人で…

踊るパン教室なんて初めてです

3月18日、パン教室がありました。スタッフの永瀬からの報告です。(高崎はヨコハマアートサイトの報告会のため欠席しました) 今日のメニューは菜種ロール、フーガス、あんまん、ハウスパーカーサンド、スープ苺ジャム まずはテーブル分けして生地をこねます…

映画の中の彼らは、もう、「あれができない、これができない、役に立たない人たち」ではありません。

映画『ぷかぷか』を上映します。第一期と第三期みんなでワークショップの記録映画です。日時は6月17日(土) 10時は第一期みんなでワークショップの記録映画、13時半は第三期の記録映画と、新しいプロモーションビデオ。場所はみどりアートパークホールです。 …

こういう人を大事にする「文化」が、ここで育ちつつあるのだと思います

セノー流、おつきあいの作り方。 人徳なのかどうか、とにかくこういう感じで柔らかなおつきあいを作っていくセノーさんて、やっぱり街の宝です。そして、こういう人を大事にする「文化」が、ここで育ちつつあるのだと思います。 www.youtube.com www.youtube…